rishiri-island-sleeping-bear-of-rock01

北海道利尻島にある奇岩、『寝熊の岩』『人面岩』

全国に様々な奇岩がありますが、そうは見えないモノもしばしば。

奇岩を楽しむ楽しむためには、見る角度と広い心が大事です。

スポンサードリンク

利尻島のグルメや観光情報を一覧にまとめているので、以下も参考にしてほしい。

 

寝熊の岩

rishiri-island-sleeping-bear-of-rock02

この角度なら、どーですか?

言われてみれば何となく、海に向かって横たわっている寝熊のように見えます。

あえて「目」「耳」などの追記はしませんので、頭の中で自分なりの寝熊のイメージを膨らませてください。

参考写真

rishiri-island-sleeping-bear-of-rock-image

現地には『寝熊の岩』の看板、岩碑(がんひ)と共に、この角度から見たら「寝熊」に見えるというガイド写真も設置されています。

...自分で撮った写真の方が、個人的には寝熊っぽいですが。

穴澗(あなま) 寝熊の岩碑(がんひ)

rishiri-island-sleeping-bear-of-rock-monument

1965年(昭和40年)8月に建立された岩碑(がんひ)。

よく耳にする「石碑(せきひ)」は、石に掘られた碑のこと。

この碑は、岩に掘られているので「岩碑(がんひ)」。

穴澗(あなま) 寝熊の岩碑(がんひ)の由来

この碑は、1965年(昭和40年)5月2日時の「運輸大臣 松浦周太郎」先生が来島。

その際、揮毫(きごう)されたものを、当地産の自然石に刻み建設したものであります。

昔、この地に先住民族住居跡と伝えられる大穴澗があったが、道路工事のため埋没。

現在、『寝熊の岩』だけが残っている。

又、附近には地区住民信仰篤き「弁天宮」があり、この碑の由来を託し、永く後世に伝えるものである。

寝熊の岩 案内看板

ちなみに

見慣れない漢字、「さんずい」に「間」と書いて「澗」。

読み方は、訓読みで「ま・たに・たにみず」、音読みで「カン・ケン」。

漢字文化圏における数の単位の一つ。

澗がいくつを示すかは時代や地域により異なるが、現在では1036を示す。

wikipedia

一・十・百・千・万・億・兆・京・垓(がい)・(じょ)or秭(し)・穣(じょう)・溝(こう)・澗(かん)。

「一」から数えて13番目の単位です。

 

人面岩

rishiri-island-face-of-rock

看板左側にある、締め縄がかかっている岩が『人面岩』

どーですか?

看板の方を向いた、ねじりハチマチの人の顔に何となく見えなくも無いかもしれない。

『寝熊の岩』よりも海面から高い位置にあるので、ウミネコ(カモメ)の休息地になっています。

時間帯によっては、鳥だらけで『人面岩』自体がよく分からないことも。

 

場所情報

rishiri-island-sleeping-bear-of-rock-signboard

寝熊の岩 人面岩

フェリーターミナルのある沓形(くつがた)と、「アザラシのいる仙法志御崎公園」の間に位置する奇岩。

奇岩を楽しむには、見る角度と広い心が必要です。

何となく...そんな感じでいいんじゃないでしょうか。

住所

北のいくつしま弁天宮」と同じ場所にあります。

北海道利尻郡利尻町久連
ほっかいどう りしりぐん りしりちょう くづれ

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

利尻島すべてのグルメ・観光スポット一覧マップ『利尻島マップ

TEL

利尻町観光協会

0163-84-3622

時間規制

特に無し

入口が封鎖されることも、基本的にありません。

駐車場

専用駐車場 無し

駐車場はありませんが、「北のいつくしま弁天宮」『寝熊の岩・人面岩』付近で、片道1車線だった道路の海側の車線だけ2車線になります。

観光バスをはじめ、観光客の方は道沿いに車を止めています。

 

原付のおじさん再び

北のいつくしま弁天宮」で一緒になった原付のおじさん。

一緒に『寝熊の岩・人面岩』を鑑賞。

全国を回っている目の肥えた原付のおじさんいわく、この奇岩はまだ良い方とのこと。

及第点までは行かないにしても、平均は超えたってことだと理解しました。

全国には、かなり無理のある奇岩もありますからね。

 

利尻島のグルメや観光情報を一覧にまとめているので、以下も参考にしてほしい。

お隣の礼文島についてはこちら。