【おにぎりグルメ】寿都町 吉野かき小屋45分食べ放題4千

公開日: 2015年06月12日
更新日: 2015年09月22日

Oysters
Oysters / photo by:Jeffrey Bary ※写真はイメージです。

北海道寿都町(すっつちょう)にある、牡蠣(カキ)食べ放題のお店『吉野かき小屋』

牡蠣(カキ)と言えば広島というイメージがありますが、北海道の寿都も牡蠣(カキ)が有名な町。

大きな鉄板に、スコップで豪快に牡蠣(カキ)を盛って焼き上げる様は壮観です。

晴天祈願に『“飛龍”賀老の滝』に向かう道中、大泉さんが食べたいと提案し立ち寄ることに。

大泉さん「寿都は6月までカキが食えるんですよ。」

シゲさん「夏ガキ?」

大泉さん「そうそう。これがまた、寿都のカキってのはおいしいんですよ。」

残念ながら番組内では、どのお店に寄ったのかは放送されませんでした。

出典

HTB 2003年6月17日放送 #13

『「シゲの中華麗」販売促進作戦』

スポンサードリンク

カキ食べ放題

yoshino-kakigoya
photo by : 吉野 かき小屋

カキ食べ放題 45分間

1月~6月までの期間限定です。

5月~6月は地元である寿都(すっつ)産の牡蠣(カキ)「寿カキ」。

そのほかの期間は、道南の知内町(しりうちちょう)の牡蠣(カキ)を使用しているとのこと。

料金

  • 大人 4,000円(税込)
  • 子供 2,000円(税込)

子供は半額の2,000円で食べ放題。

何才まで子供扱いなのかは特に記載されていないので、直接お問い合わせください。

 

こういうところなので現地で直接交渉すると、子供の年齢範囲が広がるかもしれませんね。

オーダー式

「食べ放題はちょっと」という方向けに、食べたい量だけ注文することも可能。

  • 牡蠣(カキ)1kg 1,200円(税込)+ガス代 300円(税込)=1,500円

注文は1kg単位のみ。

牡蠣(カキ)の大きさにもよりますが、1kgでだいたい15個ぐらいが目安。

約2.5kg以上(約37個以上)食べれる自信があれば、食べ放題を選んだ方がお得になる計算です。

普段そんなに食べる機会のない牡蠣(カキ)。

自分がどのくらい食べれるのか分からない方は、無難に食べ放題を選んで、気兼ねなく楽しむ方がいいかもしれませんね。

 

お店情報

yoshino-kakigoya03
photo by : 吉野 かき小屋

吉野 かき小屋

住所

北海道寿都郡寿都町字歌棄町美谷206-1
ほっかいどう すっつぐん すっつちょう あざ うたすちょう びや

 グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

 北海道すべてのグルメ・観光スポット一覧マップ『北海道マップ

TEL・FAX

フリーダイヤル 0120-64-5018

TEL 0136-64-5018

FAX 0136-64-5728

営業時間

11:00~16:00

定休日

年末年始

1月~6月のシーズン以外は臨時休業有り

駐車場

専用駐車場 有り 約12台 無料

店舗と同じ海沿いに約6台、道路を挟んだ向かいに約6台。

観光バスで来るツアーのお客さんも受け入れているようなので、行かれる際は一度電話するか、時間をずらして行かれた方がいいかもしれません。

そのほか、吉野 かき小屋を運営している㈲マルトシ吉野商会(道を挟んだ向かい)では通販もやっているので、一度チェックしてみて下さい。

『吉野 やぐら干し工房』

  • 住所 『吉野かき小屋』の道路を挟んだ向かい側
  • 営業時間 9:00~17:00
  • フリーダイヤル・TEL/FAX 『吉野かき小屋』と同じ

 

牡蠣を食べる豚一家

牡蠣を食べるシーンは、シゲさんのみ。

食べて感動している映像で終わっていました。

 

マップ

グルメ情報・観光スポット・温泉・宿泊・駐車場など、都道府県ごとに地図上でご覧いただけます。

japan
全国マップ

スポンサードリンク

コメントを残す