【おにぎりグルメ】滝上町 ホテル渓谷で七面鳥とアンガス牛!!

公開日: 2015年07月28日
更新日: 2017年07月03日

Smoked & Roasted
Smoked & Roasted / photo by Daryn Nakhuda

北海道滝上町にある、七面鳥とアンガス牛が食べれたホテル『たきのうえホテル渓谷』

残念ながら、現在ホテルでは七面鳥もアンガス牛も取り扱っていないそうですが、七面鳥は今も変わらず滝上町の名産品です。

クリスマスのソーセージ開発のため、遠軽町で行われた「和菓子吸っちゃいました」の販売促進の旅で、普段食べないような様々な肉を食べまくり。

最初に訪れた『白滝グランドホテル』では、北海道ジビエ料理の代表格「鹿肉」を堪能。

車内では珍しい「トド肉」「クマ肉」の缶詰を試食しながら、まみちゃんが行ってみたかったという『赤胴焼(おやき)』へ寄り道。

そして、旅の目的である「ローソン遠軽大通店」で販売促進イベントを終えてから訪れたお店です。

出典

HTB 2003年11月11日放送 おにぎりあたためますか #33
『デザート開発 第2夜/ソーセージ開発 第1夜 』

スポンサードリンク

七面鳥の燻製

Untitled
photo by Chad Miller ※写真はイメージです。

滝上町の名産品と言えば、七面鳥の燻製。

なかなか手に入れることができないことでも有名ですね。

1986年から町内で生産され始めた七面鳥の燻製は、徐々に出荷数を増やしていき、2014年12月には約900羽を出荷したとのこと。

しかし、常連のお客さんたちで、ほぼすべての燻製が予約済みになってしまいました。

問い合わせ先

滝上町七面鳥生産組合

0158-29-4480

価格

毎年変動するとのこと。

相場 2,700円/kg ほど

商品 1.5kg~4kg/個

 

アンガス牛

Newyork steak@Steak house 88
Newyork steak@Steak house 88 / photo by Hajime NAKANO ※写真はイメージです。

以前、おにぎり番組内で登場した「アンガス牛」。

国内のステーキ店や海外のマックでも使用されている牛肉です。

アンガス牛とは、

牛の品種のひとつ。

肉牛として飼育される。

スコットランド東部のアバディーンシャイア、アンガスの両州が原産地で、広く世界中に分布している。

やわらかい肉が特徴で、この牛の出現により牛肉料理は煮込み主体から、ステーキのような料理が広まることになった。

wikipedia

世界三大品種の一つに数えられる牛、「アンガス牛」。

成長が早く、手間がかからないことから、世界中で飼育されています。

価格的には「ブランド」と言うより「メーカー」と言った感覚ですね。

ちなみに三大品種の残りの牛は、「ヘレフォード種」と「ショートホーン種」です。

 

ホテル情報

たきのうえホテル渓谷

通常のホテルの客室のほか、4人用・8人用の宿泊用コテージが徒歩5分の場所に隣接。

充実の設備で、大人数で宿泊すればかなりお得。

駐車場もコテージ前に10台ほど止めれるスペースがあります。

住所

北海道紋別郡滝上町元町
ほっかいどう  もんべつぐん  たきのうえちょう  もとまち

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

北海道すべてのグルメ・観光スポット一覧マップ『北海道マップ

TEL

0158-29-3399

 

Next Meet

Emu (Dromaius novaehollandiae)
Emu (Dromaius novaehollandiae) / photo by Ron Knight

朝から様々な肉を食べまくっている豚一家。

滝上町ではアンガス牛の「ハンバーグ」「ステーキ」、七面鳥の「味噌炒め」「チーズカツ」を堪能。

まみちゃん「次なる肉は...何とエミュー!!」

さすがに大泉さん、シゲさん共に驚いてました。

 

マップ

グルメ情報・観光スポット・温泉・宿泊・駐車場など、都道府県ごとに地図上でご覧いただけます。

japan
全国マップ

スポンサードリンク

コメントを残す