【北海道レンタル】利尻島 レンタサイクルとレンタルバイク

公開日: 2015年08月30日
更新日: 2017年07月20日

rishiri-island-yukiguni-rental-bike

北海道利尻島にある、レンタルサイクル・レンタルバイクのお店『雪国レンタル』

稚内との玄関口である、鴛泊(おしどまり)フェリーターミナルのすぐ前にあります。

鴛泊(おしどまり)でレンタルサービスをやっている唯一のお店です。

スポンサードリンク

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。

 

レンタルメニュー

rishiri-island-yukiguni-rental-price-board

自転車・原付・バイクの種類、時間別・フリータイム・夜通しなど多彩なプランの中から、自分に合った使い方が選択可能。

フリータイムは、営業開始(8時ごろ)からレンタルすると、最長9時間借りることができます。

価格はすべて税込。

レンタルサイクル(自転車)

種類
  • ママチャリ 10台
  • マウンテンバイク 10台
  • 子供用マウンテンバイク(22インチ) 2台
料金
  • ~1時間 400円
  • ~2時間 800円
  • ~3時間 1,200円
  • フリータイム(~17:00ごろまで) 1,500円
 夜通しプラン
  • 17:00~翌8:00ごろ +500円

時間別料金・フリータイム、どちらにも適用可能。

レンタルバイク(原付・バイク)

種類
  • 原付(50cc) 15台
  • カブ(90cc) 1台
  • スクーター(100cc) 2台

カブ(90cc)・スクーター(100cc)は、2人乗り可能。

ヘルメット無料貸出・ガソリン代込。

原付(50cc)料金
  • ~1時間 1,000円
  • ~2時間 2,000円
  • フリータイム(~17:00ごろまで) 3,000円
カブ(90cc)・スクーター(100cc)料金

レンタルするには、普通自動二輪(小型限定以上)の免許が必要です。

  • ~1時間 2,000円
  • ~2時間 4,000円
  • フリータイム(~17:00ごろまで) 5,000円
夜通しプラン
  • 17:00~翌8:00ごろ +1,000円

「原付・カブ・スクーター」の時間別料金・フリータイム、どちらにも適用可能。

レンタル例 自転車

当日14時から、翌日の17時まで自転車をレンタルしたい場合。

  1. 営業終了が17時までなので、「~3時間 1,200円」
  2. 夜も借りっぱなしなので、「夜通しプラン 500円」
  3. 翌日の営業開始から営業終了まで借りるので、「フリータイム 1,500円」

合計で、「3,200円」となります。

 

誰もいない時

rishiri-island-yukiguni-rental-information

営業中の札が掛かっているにも関わらず、お店には誰もいない時があります。

どうやらフェリーの到着時間に合わせて、店員さんが配置されるようです。

フェリー到着後、お客さんがターミナル周辺からいなくなると、お店の方もいなくなってしまいます。

そんな時は、上記写真の「旅館 雪国 0163-82-1046」へ電話しましょう。

旅館はすぐ近くあるので、5分ほど待てばやってきます。

 

お店情報

rishiri-island-yukiguni-rental-outside

雪国レンタル

利尻島の名水「長寿乃泉水」が湧き出る宿「旅館 雪国」が経営されているレンタルサービス。

宿泊先のホテルで、自転車のレンタルサービスを扱っているところもありますが、鴛泊(おしどまり)で観光客向けのレンタルサービスをやっているお店はココだけです。

住所

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊港町
ほっかいどう りしりぐん りしりふじちょう おしどまり みなとまち

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

利尻島すべてのグルメ・観光スポット一覧マップ『利尻島マップ

TEL

0163-82-1046

営業時間

8:00ごろ~17:00ごろ

定休日

無し

駐車場

無し

お店の前の道、フェリーターミナル付近の道は広いので、地元民は道沿いに止めています。

すぐ近くにフェリーターミナルの駐車場もあります。

レンタルするので必要ないとは思いますが、念のため。

 

島ならではの対応

営業時間は17時ごろまで。

ですが、返却が閉店時間を過ぎてしまいそうな場合は、借りる際に店員さんに伝えましょう。

返却の際、誰もいなければ、そのまま店舗裏に止めといていいよと言ってくれることがあるからです。

知り合いが借りた時には、融通を利かせてくれました。

 

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。

 

スポンサードリンク

コメントを残す