【北海道グルメ】利尻島で中華!笑う門の海鮮あんかけ焼きそば!

公開日: 2015年08月04日
更新日: 2017年07月20日

rishiri-island-waraukado-kaisen-ankake-yakisoba02

北海道利尻島にある、島では数少ない中華料理専門店『笑う門(かど)』

海に囲まれた利尻島で新鮮な海の幸ではなく、あえて中華を食べる。

正直期待していなかっただけに、その味に驚かされます。

スポンサードリンク

利尻島 観光リスト

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。

 

海鮮あんかけ焼きそば&チャーハン

rishiri-island-waraukado-kaisen-ankake-yakisoba-fried-rice

  • 海鮮あんかけ焼きそば 950円(税込)
  • チャーハン 680円(税込)

島のお店で食べる一人前は、通常よりも少なく感じます。

ちょうどお腹も空いていて、一人前では足りないと思い、欲張ってチャーハンも頼んでみました。

ところが『笑う門(かど)』の一人前は、けっこうなボリューム。

久しぶりにお腹いっぱい食べることができました。

海鮮あんかけ焼きそば

rishiri-island-waraukado-kaisen-ankake-yakisoba01

海鮮あんかけ焼きそば 950円(税込)

利尻島は観光地なので仕方ないと思いつつも、ほとんどのお店は島価格(観光地価格)で割高に感じていました。

ですが、この「海鮮あんかけ焼きそば 一人前 950円」は、安いと思わせてくれるボリューム。

rishiri-island-waraukado-kaisen-ankake-yakisoba03

「海鮮」というだけあって、魚介がたっぷり入っています。

  • 大きなエビ
  • 大きなホタテ
  • 厚切りのイカ
  • たくさんのあさり
  • 姫筍
  • 白菜
  • 人参
  • きくらげ
  • ほうれん草

見た目粘度が高そうな「あん」はサラサラ系で、そばと良く絡みます。

気持ち濃い目で好きな味付け。

全部食べても全然くどくない絶妙な加減です。

かなりおいしいです。

チャーハン

rishiri-island-waraukado-fried-rice02

チャーハン 680円(税込)

中華専門店だけあって、お米全体に火が通ったパラっとしたチャーハン。

こちらも、一人前で十分なボリュームです。

rishiri-island-waraukado-fried-rice03

味付けは、濃過ぎず、薄過ぎず、ちょうどいい加減です。

最後の方はちょっと濃さが優ってきましたが、個人的に濃い目が好きなのでおいしくいただきました。

 

夜のメニュー

rishiri-island-waraukado-menu01 rishiri-island-waraukado-menu02 rishiri-island-waraukado-menu03

メニューは、昼と夜で少し変わります。

お昼は、ランチメニューとして定食(麻婆豆腐など)があります。

価格は税込。

 

お店情報

rishiri-island-waraukado-outside

笑う門(かど)

店舗建物に看板は無く、入口に立て看板があるだけ。

昼間、看板に電気が付いていないと、場所が分からずお店を通り過ぎるぐらい目立たない外観です。

店内の作りは、和食屋さん。

どうも居ぬき物件のようですね。

座席

rishiri-island-waraukado-inside

  • カウンター 5席
  • 4人掛けテーブル 2卓

奥に座敷があるようですが、カウンター、テーブル席が埋まらないと使わせてもらえないようです。

住所

ほかのサイトの地図上の店舗位置は、場所が違います。

下記地図の場所が正解です。

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊栄町1-140 付近
ほっかいどう りしりぐん りしりふじちょう おしどまり さかえまち

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

利尻島すべてのグルメ・観光スポット一覧マップ『利尻島マップ

TEL

0163-82-2315

営業時間

11:00~14:00

17:30~20:00

上記営業時間より早く閉まってしまうこともあります。

定休日

水曜日

駐車場

専用駐車場 無し

いつものように車を止めれる場所を聞いたところ、やっぱり店先でした。

少し広めの通りにあるので問題なく止めておけます。

 

ひとりぼっち

『笑う門(かど)』は、厨房からホールまで一人で切り盛りされています。

中華鍋を振りつつ、オーダーをとりつつ、お会計をしつつ。ビールを運びつつ...。

立て続けにお客さんが出たり入ったりすると、大変そうです。

正直、接客はかなり雑なので、分かった上で訪れてください。

初めて伺った際のお会計の時も、料理が出来上がりそうなタイミングだったので、5分ほどレジの前で待ちました。

それでも全然問題無し。

おいしいから通ってます。

 

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。

 

スポンサードリンク

コメントを残す