【北海道観光】利尻島 仙法志御崎公園!ウニと昆布とアザラシ

公開日: 2015年08月02日
更新日: 2017年07月20日

rishiri-island-senpoushi-misaki01

北海道利尻島にある、アザラシに餌やり体験できる『仙法志御崎(せんぽうしみさき)公園』

海岸沿いにあるのは、漁師さんが営んでいるお土産屋さん。

店先で昆布加工していたり、生きたウニをその場で割って食べることもできる人気観光スポットです。

なぜが駐車場にはパン屋さんも。

スポンサードリンク

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。

 

海岸のお土産屋さん

rishiri-island-senpoushi-misaki02

『仙法志御崎(せんぽうしみさき)公園』から海へと降りていくとお土産屋さんが2つあります。

そのうちの1つ。

観光御崎物産

rishiri-island-senpoushi-misaki-shop02

家族で漁師をやってるお土産屋さん。

おすすめ商品
  • 早煮昆布 やわらかくて煮てたべられて美味しい
  • 丸徳煮昆布 早煮昆布の切り落としがたっぷり
  • だし昆布 澄んでいて力強い日本一のおだし
  • 切りだし昆布 だし昆布のお得な切り落とし
  • とろろ昆布 材料にこだわって作りました

3袋(組み合わせ自由) 1,080円(税込)

店先昆布加工

rishiri-island-senpoushi-misaki-ishiri-kelp

お土産屋さんの目の前で昆布を手入れ・加工している漁師のおじいちゃんたち。

この干した昆布を手入れ・選別・カットして商品にしていくとのこと。

その商品は、店内で売っています。

話しをしていると、たまに昆布の切れ端をくれます。

 

活うに

rishiri-island-senpoushi-misaki-ishiri-sea-urchin01

1個 500円(税込)~

キタムラサキウニを召し上がれ!

利尻の海草を食べているから、最高の味

生きたままを食べるから、最高の鮮度

ほんのり甘い磯の味をどうぞ。

うにの看板

rishiri-island-senpoushi-misaki-ishiri-sea-urchin02

一度は体験してみたい、剥きたて殻付きのうに。

食べてしまえば、おいしいので問題ないですが、割ったときの見た目がすごいので、ダメな人もいるかもしれませんね。

 

アザラシ

rishiri-island-senpoushi-misaki-seal06

海に造られた養殖場のような人工物。

近づいてみると中でアザラシが泳いでいます。

名前はゴマちゃん。

ゴマちゃんのエサ 一皿 100円

なぜアザラシ?

毎年冬になると北の方からアザラシ達が群れでやってくるんだ。

そして春になると、また北へと帰って行く。

その時、毎年何頭か群れからはぐれてしまう子供のアザラシがいて、その子たちを保護しているんだよ。

去年(2014年)は2頭いた。

今年は0頭だ。

観光御崎物産のおじさん

毎年ちがうアザラシなのに、名前はゴマちゃん。

どうやら襲名するみたいですね。

そして不思議なのは、今年ははぐれた子がいなかったのに、アザラシが泳いでいました。

「今年はレンタルだ。動物園から借りてきた。」

...なるほど。

 

仙法志御崎公園からの景色

rishiri-island-senpoushi-misaki-view

利尻富士(利尻山)に海が入ったアングルで写真が撮れるのは、『仙法志御崎(せんぽうしみさき)公園』だけかもしれません。

 

スタンプラリー 「利尻山十六景」の五景

rishiri-island-senpoushi-misaki-16viewpoint-5

五景

各ビューポイントの看板に箱が付いていて、その中にスタンプが入っています。

「立志の山」

こころ 決めて 天に 囁き

詩:原子 修

解説

意志の芽生えを感じさせます。

荒磯の暮らし人に、大自然と共にいきるものの決意をうながしているのでしょうか。

右手の窪みが、囁き口のようです。

 

場所情報

rishiri-island-senpoushi-misaki03

仙法志御崎(せんぽうしみさき)公園

利尻島のシンボル「利尻富士(利尻山)」だけでなく、島らしい海の景色も楽しめる観光スポット。

「利尻山十六景」の第五景ビュースポットでもあります。

住所

北海道利尻郡利尻町仙法志御崎
ほっかいどう りしりぐん りしりちょう せんぽうしみさき

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

利尻島すべてのグルメ・観光スポット一覧マップ『利尻島マップ

TEL

利尻町観光協会

0163-84-3622

時間規制

特に無し 

駐車場が閉鎖されていることも、基本的にありません。

トイレ

有り

駐車場に休憩室と併設して設置されています。

基本的に24時間開放されています。

駐車場

専用駐車場 有り 約 30台 無料

 

トップシーズンの6月~9月は、利尻島を1周する定期観光バス(Aコース・Bコース)やツアー観光バスで、時間帯によっては混み合います。

ちなみに、定期観光バス(Aコース)は11:30~12:30頃、定期観光バス(Bコース)は14:50~15:30頃までの滞在です。

 

パン屋

rishiri-island-senpoushi-misaki-bakery01

『仙法志御崎(せんぽうしみさき)公園』駐車場に現れた移動パン屋さん。

利尻島に一つだけある利尻高校で、お昼にパンを販売しているそうです。

高校生たちのパン需要を読むのが難しいらしく、売れ残ったパンをこうして観光客相手に売って回っているとのこと。

トレーに入ったパンは基本フタが閉まっていて何パンがあるのか分かりません。

ウミネコがパンを盗んでしまうので、その対策だそうです。

その代り、気になるパンは何でも試食させてくれます。

「羊羹パン」「クリームパン」「かぼちゃパン」など。

rishiri-island-senpoushi-misaki-bakery06

その試食した中で、おいしかった珍しいパン。

  • 塩パン 90円(税込)
  • たこやきパン 130円(税込) 高校生に大人気

そのほかのパンは、180円~200円ぐらいとのこと。

値札が無いので、毎回違う値段かもしれませんが。

 

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。

 

スポンサードリンク

コメントを残す