hokkaido-rishiri-island-senpoushi-misaki-promontoty-11

北海道利尻島の南端、海にせり出した地形の仙法志御崎公園(せんぽうしみさきこうえん)

海越しの利尻山の景色と、人懐っこいアザラシの餌やりが人気の観光スポット。

漁師が営んでいる土産物屋では、店先で昆布加工をしていたり、活うにをその場で割って食べられる。

スポンサードリンク

そのほか、利尻島の観光情報を一覧にまとめているので、以下も参考にしてほしい。

 

仙法志御崎公園

hokkaido-rishiri-island-senpoushi-misaki-promontoty-10

無料駐車場から海岸沿いへ下った公園内には、2軒の土産物屋(写真左)と、海水を引き込んだアザラシのいる海上プール(写真右)がある。

アザラシのゴマちゃん

hokkaido-rishiri-island-senpoushi-misaki-promontoty-seal-06

アザラシの名前はゴマちゃん。

その年によって頭数は異なるそうで、この年は1匹だった。

2つある土産物屋の一つ、観光御崎物産で餌が売られているので、他ではなかなか体験できないであろうアザラシの餌やりができる。

  • ゴマちゃんのエサ 一皿 100円 (税込)

hokkaido-rishiri-island-senpoushi-misaki-promontoty-seal-19

なぜアザラシがいるのかを観光御崎物産のおじさんに聞いてみた。

毎年冬になると北の方からアザラシ達が群れでやってくるんだ。

そして春になると、また北へと帰って行く。

その時、毎年何頭か群れからはぐれてしまう子供のアザラシがいて、その子たちを保護しているんだよ。

去年(2014年)は2頭いた。

今年は0頭だ。

観光御崎物産のおじさん

今年、群からはぐれたアザラシは0頭。

それなのに、なぜ1匹だけ泳いでいたかというと、

「今年はレンタルだ。動物園から借りてきた!」

…なるほど。

ちなみに毎年違うアザラシではあるが、どうやら「ゴマちゃん」という名前は襲名させているようだ。

観光御崎物産

hokkaido-rishiri-island-senpoushi-misaki-promontoty-kanko-misaki-bussan-appearance-01

家族で漁師を営んでいるという御崎物産の店先では、島の夏の風物詩である昆布の出荷作業をしている。

この昆布たちは、手入れ・選別・カットの工程を経て、高級な利尻昆布へとなっていくわけだ

そんな作業風景を見ながら話しをしていると、たまに昆布の切れ端をくれることがある。

何も味付けされていないが、その切れ端がかなりウマい。

お店のおすすめ商品は、以下から選ぶ3袋セット(組み合わせ自由) 1,080円 (税込)

  • 早煮昆布 やわらかくて煮てたべられて美味しい
  • 丸徳煮昆布 早煮昆布の切り落としがたっぷり
  • だし昆布 澄んでいて力強い日本一のおだし
  • 切りだし昆布 だし昆布のお得な切り落とし
  • とろろ昆布 材料にこだわって作りました

スポンサードリンク

活うに

hokkaido-rishiri-island-senpoushi-misaki-promontoty-sea-urchin-03

観光御崎物産からアザラシのいる海上プールへの途中には、活うにを食べさせてくれる簡易屋台がある。

キタムラサキウニを召し上がれ!

利尻の海草を食べているから、最高の味

生きたままを食べるから、最高の鮮度

ほんのり甘い磯の味をどうぞ。

うにの看板

一度は食べてみたい、剥きたてのウニ。

  • 活うに 1個 500円 (税込)

おいしいので食べてしまえば問題ないが、割ったときのビジュアルが意外とすごいので、もしかしたらダメな方もいるかもしれない。

 

利尻山十六景 第五景

hokkaido-rishiri-island-senpoushi-misaki-promontoty-08

島内で利尻山(利尻富士)がキレイに見えるビューポイントを利尻山十六景とし、各ポイントには記念スタンプと詩が設置されている。

その16ヶ所あるビューポイントの第五景が仙法志御崎公園だ。

「立志の山」

こころ 決めて 天に 囁き

詩: 原子 修

解説

意志の芽生えを感じさせます。

荒磯の暮らし人に、大自然と共にいきるものの決意をうながしているのでしょうか。

右手の窪みが、囁き口のようです。

スポンサードリンク

場所情報

hokkaido-rishiri-island-senpoushi-misaki-promontoty-01

仙法志御崎公園
せんぽうしみさきこうえん

利尻島のシンボル 利尻富士(利尻山)と、島らしい海の景色の両方が楽しめる島内の人気スポット。

山の裾野まではっきりと見える海越しの利尻富士(利尻山)は、島内でココだけかもしれない。

ちなみに、トップシーズンの6月~9月は、利尻島を一周している定期観光バス(Aコース・Bコース)やツアー観光バスで、時間帯によっては混み合うことがある。

ツアー観光バスに関しては分かり兼ねるが、定期観光バスのAコースは11:30~12:30ごろ、Bコースは14:50~15:30ごろまでの滞在しているので、ゆっくり景色を楽しむなら、この時間を避けた方がいいだろう。

休憩所

hokkaido-rishiri-island-senpoushi-misaki-promontoty-break-hut-inside-01

公園内にはロッジ風の建物の休憩所が設けられているで、休憩や座って食事なども可能。

  • 8:00~17:00

住所

  • 北海道利尻郡利尻町仙法志御崎
    ほっかいどう りしりぐん りしりちょう せんぽうしみさき

※左上の「拡大地図を表示」をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせて店舗場所を確認することができる。

利尻の旅を楽しむためのグルメ・観光・駐車場などの情報を、1つの地図上で手軽に確認できるようにした「索楽 saku-raku 利尻島マップ

TEL

  • 利尻町観光協会 0163-84-3622

営業時間

  • 24時間 開放

基本的に24時間開放されている。

トイレ

hokkaido-rishiri-island-senpoushi-misaki-promontoty-break-hut-appearance-01

  • 公園内に1ヶ所あり

基本的に24時間開放されている。

駐車場

hokkaido-rishiri-island-senpoushi-misaki-promontoty-parking-02

  • 無料駐車場あり 敷地内 30台ほど

奥に写り込んでいるのは、お土産と昆布加工の見学ができる畑宮食品。

運がよければ削り立てのとろろ昆布が試食できる。

 

オタトマリ沼には食事処はないので、近くで食事をするなら島内でも人気のマルヰ食堂がオススメだ。

そのほか、利尻島・礼文島の観光情報を一覧にまとめているので、以下も参考にしてほしい。