rishiri-island-oshidomari-ferry -terminal-outside01

北海道利尻島にある、稚内とのフェリーの玄関口『海の駅 鴛泊(おしどまり)フェリーターミナル』

稚内・礼文への往復便が運航しており、フェリーの時間には毎日観光客でにぎわっています。

建物内は「無料wifi+コンセント」が完備されており、周辺には食堂、お土産、レンタカーなどすべて揃った、利尻島内で一番便利な場所です。

スポンサードリンク

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。

 

海の駅 鴛泊フェリーターミナル 1階

rishiri-island-oshidomari-ferry -terminal-first-floor

2階立ての『鴛泊(おしどまり)フェリーターミナル』1階フロア。

2014年にリニューアルしただけあって、建物内はキレイです。

建物内は「無料wifi」が利用可能。

観光協会

写真右側のカウンターが利尻富士町観光協会

観光」「キャンプ」「登山」といった案内から、島を一周する定期観光バス(3,100円~)の予約受付窓口にもなっています。

観光協会主催の「島まち歩き観光ガイド(500円)」というイベントもやっています。

フェリー受付

写真奥にあるのが、フェリーの受付・発券窓口。

基本、フェリーの出航時間帯以外はクローズしています。

「車がある場合の手続きは40分前まで」とホームページには記載されていますが、出航40分前には開いていません。

25分~30分前に行くと、ちょうど窓口が開きます。

エスカレーター

写真左奥に2階へ上がる階段とエスカレーターがあります。

リニューアル当初、島内初のエスカレーターが設置されたことで、かなり話題になったそうです。

売店

rishiri-island-oshidomari-ferry -terminal-souvenir-shop

『鴛泊(おしどまり)フェリーターミナル』正面入口の横にある売店。

スペースはそれほど広くなく、品数もそんなに置いてないので、ターミナル前のお土産屋に行った方がいいかもしれません。

 

海の駅 鴛泊フェリーターミナル 2階

rishiri-island-oshidomari-ferry -terminal-second-floor

2階立ての『鴛泊(おしどまり)フェリーターミナル』2階フロア。

ほぼ全面ガラス張りでかなりの解放感です。

フェリーを待っている間、海を眺めたり、設置されているTV(2台)を観ながらくつろげる空間になっています。

PCスペース

写真右側のガラス張り喫煙スペースの奥には、イス・テーブルのPCスペースがあり、「電源(コンセント)」も完備。

お食事処

写真奥には、食事処とカフェがあります。

  • 食堂 丸善」 全国丼選手権2年連続グランプリのうにめし丼が有名なお店
  • 月カフェ 現在札幌で開催されているオータムフェストに出店しているお店

ちなみに「月カフェ」はオータムフェスト出店のため、現在お休み中です。

臨時郵便局

rishiri-island-oshidomari-ferry -terminal-simple-post-office

エスカレーターを上がった右側にある臨時郵便局。

フェリーの出発・到着時間に合わせて係りの人が来て、その年限定「利尻・礼文切手」を販売しています。

  • 最果てに咲き誇る花々 2015年度版 980円
  • 利尻礼文旅物語 2015年度版 1,080円
  • 利尻富士の四季 2015年度版 1,230円

もちろん郵便局として、一般業務(ハガキ、手紙の発送)も受け付けてくれます。

 

海の駅 鴛泊フェリーターミナル周辺

rishiri-island-oshidomari-ferry -terminal-outside-syokudo

写真は『鴛泊(おしどまり)フェリーターミナル』の目の前にある食事、レンタカー、お土産屋が入った集合商店。

お食事処

  • さとう食堂 ミシュランガイド2012 ビブグルマン掲載のお店
  • 磯(いそ)やき亭」 ミシュランガイド2012 ビブグルマン掲載、利尻ラーメンが人気のお店

レンタカー

レンタサイクル・レンタルバイク

写真右奥の建物の陰に小さな小屋があります。

お土産屋

  • 岡部食品 
  • 平田商店
  • 丸田商店

営業時間・定休日

  • 8:00ごろ~17:00ごろ
  • シーズン中 無休

くみあいストアー

rishiri-island-oshidomari-ferry -terminal-kumiai-store

『鴛泊(おしどまり)フェリーターミナル』を出た右側にある、コンビニのようなお土産屋のような商店。

ターミナルを出れば見えるところにあります。

営業時間・定休日

  • 8:00ごろ~17:00ごろ
  • 不定休

日曜定休と聞いたのですが、営業していることもあり、休みがよくわかりません。

遅いときには8時半ごろ開いて、早いときは16時半ごろには閉まっています。

定期観光バス乗り場

rishiri-island-oshidomari-ferry -terminal-outside03

『鴛泊(おしどまり)フェリーターミナル』の南側は、バスの停留所になっています。

観光ツアーバスなども止まっているこの場所から、島を一周する定期観光バス(3,100円~)も出発します。

写真のバスとは違って、定期観光バスは2階建てのバスなのですぐ分かります。

いつもは写真奥のフェリーに近い場所でバスが待機しています。

ちなみに...

定期観光バスの座席は自由席です。

ということは、乗車順、つまり早いもの順ということです。

事前予約・当日予約があり、どちらも出発30分前からフェリーターミナル1階の観光協会窓口で発券開始です。

少し早めに行って発券を済ませば、眺めのいい2階席で観光を楽しむことができます。

スポンサードリンク

海の駅 鴛泊フェリーターミナル

rishiri-island-oshidomari-ferry -terminal-outside02

海の駅 鴛泊フェリーターミナル
うみのえき おしどまりフェリーターミナル

2014年にリニューアルした、まだ新しくキレイなターミナル。

外に出ることなく、2階からフェリーの乗船・下船ができるようになりました。

リニューアル前のフェリーターミナル内にあった「グランスポット」は、鴛泊(おしどまり)商店街の中に移転しています。

施設詳細

住所

  • 北海道利尻郡利尻富士町鴛泊港町
    ほっかいどう りしりぐん りしりふじちょう おしどまり みなとまち

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

利尻島すべてのグルメ・観光スポット一覧マップ『利尻島マップ

TEL

  • 0163-82-1121

営業時間

  • 7:30ごろ~18:30ごろ

各シーズンのフェリーの運航状況によって異なります。

定休日

  • 無し

フェリーが運航していれば無休。

駐車場

rishiri-island-oshidomari-ferry -terminal-parking

  • 専用駐車場(建物北側)有り 約20台 無料

ターミナルの従業員、周辺宿泊客、フェリー乗車待機などでも使われているので、空いていないこともあります。

ターミナル周辺の道路は道幅が広いので、地元の方は道沿いに止めています。

 

地元っ子

rishiri-island-oshidomari-ferry -terminal-outside04

フェリーターミナルのすぐ近くで遊ぶ地元っ子。

反対側には岩場があって、磯遊びもできる地元の人しか知らない隠れスポット。

利尻島周囲はほぼ岩場で、砂浜海岸は1ヶ所しかありません。

人気観光スポット「オタトマリ沼」の近くにある「沼浦海岸」というビーチだけです。

鴛泊(おしどまり)から子供たちだけで遊びに行くのは遠いので、ここが昔からの遊び場として定着しているようです。

それにしても、フェリーのすぐ横で泳いでいるなんて、初めて見ました。

 

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。