【北海道グルメ】利尻島 利尻ふる里食堂!冷しおろしうどん!

公開日: 2015年08月19日
更新日: 2017年07月20日

rishiri-island-hurusato-syokudo-hiyashi-oroshi-udon01

北海道利尻島にある、昼は食堂、夜は居酒屋になるお店『利尻ふる里食堂』

前回訪れた際には、珍しいメニューだった「豚天丼」を注文。

2回目となる今回は、「冷しおろしうどん」をいただきました。

スポンサードリンク

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。

 

冷しおろしうどん

rishiri-island-hurusato-syokudo-hiyashi-oroshi-udon02

冷しおろしうどん 800円(税込) (大盛り+100円)

写真は大盛りです。

讃岐うどんが無性に食べたくなったのですが、物理的に食べに行くのは不可能。

ただ、どうしても食べたくなって、利尻で初めてうどんを注文しました。

rishiri-island-hurusato-syokudo-hiyashi-oroshi-udon03

普通のうどんを想像していただけに、細麺のうどんが登場したので驚きました。

コシが無いのかと思いきや、細麺ながらかなりの弾力。

...コシというか、弾力ですね。

でも、普通においしいです。

見た目少ないように見えましたが、大盛りはそこそこのボリューム。

 

お昼のメニュー

rishiri-island-hurusato-syokudo-menu01

rishiri-island-hurusato-syokudo-menu02

rishiri-island-hurusato-syokudo-menu03

冊子メニューには載っていませんが、「うに丼 時価」もあります。

お昼でも、写真2枚目「居酒屋メニュー」が注文可能。

夜になると、「焼き肉メニュー」が追加されます。

価格は税込。

 

お店情報

rishiri-island-hurusato-syokudo-outside02

利尻ふる里食堂

前回訪れた時には、店先に「生うに」のぼりはありませんでした。

「うに」の仕入が出来て、「うに丼」を提供できる時にのぼりを立てるそうです。

座席

rishiri-island-hurusato-syokudo-inside03

  • カウンター 4席
  • 4人掛けテーブル 1卓
  • 2人掛け長テーブル 1卓
  • 掘りごたつ座敷テーブル 3卓

2階には宴会用のお座敷があります。

住所

北海道利尻郡利尻町沓形字本町17
ほっかいどう りしりぐん りしりとう くつがた あざ ほんまち

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

利尻島すべてのグルメ・観光スポット一覧マップ『利尻島マップ

TEL

0163-84-3393

営業時間

  • 11:00~13:30(L.O.13:00)
  • 17:30~21:00(L.O.20:30)

昼・夜共に時間前でも閉まっていることがあります。

店先にのれんが掛かっていれば、営業しています。

定休日

日曜日

駐車場

無し

いつものように、店先に車を止める感じです。

 

夕日の代償

rishiri-island-hurusato-syokudo-sunset

利尻島が久々に快晴だったこの日。

夕日を見るために「沓形岬」へ。

少し雲が出てきたものの、地平線はくっきり見えており、赤く染まっていく雲がとてもキレイです。

日が沈んだ後の空が一面赤く染まっていく様子を、時間を忘れて眺めていました。

気が付いたら20時を過ぎており、急いでお目当ての「天丼のお店 梵天(ぼんてん)」へ。

...やっぱりすでに閉店。

利尻島の飲食店は、謳っている営業時間はあまり関係なく、大体20時で閉まってしまうところが多いんです。

その後、「勿忘草」「居酒屋かもめ(食堂かもめ)」と回り、最後のチャンスで訪れた『利尻ふる里食堂』。

閉店ギリギリで、何とか夕食を食べることができました。

 

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。

 

スポンサードリンク

コメントを残す