【北海道観光】礼文島 野生のアザラシ!出没ポイントは普通の道路

公開日: 2015年10月02日
更新日: 2017年08月17日

rebun-island-seals-watching-seals01

北海道礼文島で、野生のアザラシが見られる『アザラシポイント』

通常、春には北の海へと帰っていくアザラシですが、最近は年中居座っているようです。

海岸の一般道路沿いからアザラシを見ることができます。

スポンサードリンク

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。

 

アザラシ ポイント

rebun-island-seals-watching-map

有名なアザラシポイントは、「スコトン岬」とその先にある「トド島」。

それ以外にも、「金田ノ(かねだの)岬」周辺や、船泊(ふなどまり)湾内で見ることができます。

写真上部の赤線部分は、「メノウ浜」に行った際、近くにあったお土産アクセサリーショップのおじさんと話していたら教えてくれた出没ポイント。

その日によって出没ポイントが違うみたいで、一ヶ所行っただけではダメとのことでした。

必ず見られる訳ではありませんが、このポイントを回れば高確率で見ることができるそうです。

漁師さんがいたら、目撃情報を聞いてみるのもいいとのこと。

 

聞き込み

rebun-island-seals-watching-fisherman

アザラシポイントに向かう途中、漁師さんを発見したので、さっそく聞き込み。

しかし、拾いコンブ漁をしている漁師さんでした。

船に乗っていなかったので、残念ながらこの日見たという目撃情報は得られませんでした。

ただ、「この時間(昼過ぎ)なら、いつもあの辺にいるよ」と親切に教えてくれました。

早速その場所へ。

 

アザラシ発見

rebun-island-seals-watching-seals02

粗くて少し見にくい写真ですが、持っているデジカメの限界でした。

白いアザラシのほか、隣の岩場にもう2匹が寝そべっています。

漁師さんの情報はすごいですね。

この日は漁師さんに教えてもらった「金田ノ(かねだの)岬」の樺太(サハリン)側で発見しましたが、違う日に知り合いが来た時には、船泊(ふなどまり)湾内で群れのアザラシたちの昼寝が見れたそうです。

スマホの限界

rebun-island-seals-watching-seals03

スマホのズームで撮影した写真。

これが限界でした。

違う日に来た知り合いは双眼鏡を持っていたらしく、裏技を使っていました。

双眼鏡の覗くところにスマホのカメラをあて、ピントを合わせて撮る

実際に写真を見せてもらいましたが、かなりアザラシに寄った、いい感じの写真でした。

 

居座るアザラシ

涼しげ
涼しげ / photo by : daita saru

通常は、流氷とともに現れ、流氷の上で出産・子育てをして、春になると北の海へと帰っていくアザラシ。

しかし近年は居座るアザラシが増えてきているそうです。

観光客としては、野生のアザラシがいつでも見られるのは魅力的に感じますが、一方で深刻な問題も。

アザラシたちがエサである、魚(タラ、カレイ、サンマ)やタコをたくさん食べてしまって、漁獲量が減っているそうです。

「メノウ浜」のお土産アクセサリーショップのおじさんいわく、稚内名物のタコも、アザラシのおかげでほとんど獲れなくなってきているとのこと。

実際に北海道周辺の被害総額(ゴマフアザラシのみ)は、2013年で約4億円。

内、宗谷(稚内近辺)だけで約2億5千万円と半分以上の被害額を占めているそうです。

アザラシにしてみたら、住みやすいところに居て、普通にエサを獲っているだけ。

漁獲量減少や被害総額なんて、あくまでも人間目線での問題ですけどね。

 

場所情報

rebun-island-kanedano-cape-view04

アザラシを発見できたポイント

写真赤枠でアザラシが寝ています。

道道507号線を走っていると、運が良ければ見ることができます。

アザラシを発見したポイントは「金田ノ(かねだの)岬」近くの幌泊(ほろどまり)漁港の少し北辺り。

「メノウ浜」のお土産アクセサリーショップのおじさんと、拾いコンブ漁をしている漁師夫婦に聞いた場所です。

住所

北海道礼文郡礼文町船泊村ホロトマリ
ほっかいどう れぶんぐん れぶんちょう ふなどまりむら ほろとまり

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

礼文島すべてのグルメ・観光スポット一覧マップ『礼文島マップ

TEL

礼文島観光協会

0163-86-1001

時間帯

夜明け~日没(明るい時間)

運よくアザラシが岩場で休んだり、昼寝をしているとき遭遇すれば見ることができます。

トイレ

rebun-island-kanedano-cape-wc

有り

近くの「金田ノ(かねだの)岬」駐車場に公共トイレがあります。

近くにある食堂「海鮮処 あとい」のお客さんも利用します。

駐車場

rebun-island-kanedano-cape-parking

有り

近くの「金田ノ(かねだの)岬」駐車場が利用可能。

車を運転しながらアザラシを探すのは難しいので、見つからないときは、ココに車を止めて、じっくりと歩いて探してみるのもいいかもしれません。

 

無関心

アザラシを発見した場所が、ちょうど幌泊漁港という港近くの干場(昆布を干すところ)。

ちょうど、漁師さんたちが干した昆布を集める作業をしていました。

アザラシを発見したことが嬉しくて写真を撮っていると、漁師さんたちも顔を上げてアザラシを確認。

しかし、すぐ作業に戻りました。

どうやら見飽きているようで関心が無いようです。

そういえば、アザラシたちも、寝ている岩のすぐ後ろを漁船が通っても無関心。

アザラシたちも漁師さんたちも、お互い日常の出来事で無関心なんですね。

 

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。

 

スポンサードリンク

コメントを残す