rebun-island-sazanami-tachikama01

北海道礼文島にある、お昼は食堂として営業しているお店『居酒屋 さざ波』

なんと夜のメニューに、お昼には載っていなかった「たちかま」を発見。

間違いなくおいしい組み合わせ、バター焼きにした「たちかまバター」です。

スポンサードリンク

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。

 

たちかまバター

rebun-island-sazanami-tachikama02

たちかまバター 400円(税込)

  • たちかま 約10切れ

薄めにスライスされた「たちかま」を、バター醤油で焼いた間違いない組み合わせ。

香ばしバター醤油の香りと、「たちかま」のふわふわとした食感がたまりません。

ビールとの相性も抜群で、おいしすぎてついつい飲み過ぎてしまいます。

たちかま とは...

「たちのかまぼこ」の略。

スケソウダラという鱈(たら)の白子を原料に造る練り物。

北海道の方言で白子のことを「たち」と呼ぶことから「たちのかまぼこ」→「たちかま」。

一部では「たつかま」とも言うそうです。

初めて「たちかま」に出会ったのが、利尻島の「音楽イベント RSNフェスティバル」。

石板の上で利尻昆布に挟んで焼き上げた「りしりん焼き たちかま」を初めて食べた時はその食感に驚きました。

まさか礼文で再度食べれるとは思いませんでした。

まだ食べたことが無い方は、ぜひ『居酒屋 さざ波』で食してください。

お店は気前のいいおばちゃんがやっているので、お願いすれば「バター焼きじゃない普通のたちかま」も出してくれるかもしれません。

「たちかまバター」と食べ比べてみるのもいいかもしれませんね。

お通し

rebun-island-sazanami-otoshi

お通し 1人 300円(税込)

食堂 さざ波」では出てきませんが、『居酒屋 さざなみ』ではお通しが出てきます。

この日のお通しはピーマンを甘辛く炒めたモノでした。

少し濃い目の味付けで、ビールが進んでしまいます。

 

メニュー

rebun-island-sazanami-izakaya-menu

お昼の食堂メニューと、夜の居酒屋メニューと2種類あります。

夜は両方が机に置いてあって、どちらも注文可能。

食堂メニューと違って見やすい色です。

ちなみに

「ごはんもの」の一番下に書いてある「イクラとサケの親子丼(みそ汁付) 800円」。

えらく安い料金設定が気になったので、大きさを聞いてみたら普通のお茶碗サイズとのこと。

「親子丼」ではなく「親子椀」ということですね。

しかもこの日はサケが無いらしく、同額で「イクラ椀」ならできるとのこと。

「イクラ椀 800円」、島価格にしては安い方かもしれません。

 

お店情報

rebun-island-sazanami-signboard

居酒屋 さざ波

お店詳細情報は「食堂 さざ波」でご確認いただけます。

 

常連客の会話

店内では、お店のおばちゃんと地元の漁師っぽい2人組のおじさんたちの会話が盛り上がってきました。

利尻でもそうでしたが、地元の漁師さんたちの話しは、正直何を言っているのかわかりません。

それが、逆になんて言っているのか興味が湧いてきます。

なんとか聞き取ろうとしましたが、さっぱりわかりません。

おじさんたちも酔っぱらってきたのか、もはや日本語には聞こえません。

 

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。