rebun-island-momoiwa-observatory01

北海道礼文島にある、絶景が見られる『桃岩(ももいわ)展望台』

礼文で有名な奇岩「桃岩」を間近に見ることができるほか、礼文島の中でも特に、高い位置から利尻島(利尻山)がキレイに見える展望台。

礼文島に6~7つあるトレッキングコースの一つにも入っている人気観光スポットです。

スポンサードリンク

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。

 

桃岩(ももいわ)

rebun-island-momoiwa-observatory-momoiwa01

礼文島で有名な奇岩「桃岩」。

展望台から見る「桃岩」の角度からではよく分かりませんが、頂上部分が少し尖がっているのが特徴。

rebun-island-momoiwa-observatory-momoiwa02

これは、「猫台(ねこだい)・桃台(ももだい)」から見た「桃岩」。

トップの写真の中心部分に小さく写っている、赤い屋根付近の展望台から見上げた「桃岩」です。

『桃岩展望台』から元地灯台へと続くトレッキングコースを少し歩けば、頂上の尖がり部分が分かる「桃岩」を見ることができます。

桃岩の成り立ち

桃岩は、マグマがつくった幅200m~300m、高さ190mの巨大なドームです。

新第三中新世(約2300万年前~約500万年前)に、浅い海底のやわらかな堆積物にデイサイトマグマ(火山岩の1つであるデイサイトが溶けたもの)が貫入してできたものと考えられています。

海底の隆起に伴い、周囲の地層が浸食によって削り取られ、現在の姿になりました。

このような地質的な特徴は、世界的にも有名です。

桃岩展望台 案内看板

桃岩のアイヌ伝説

時は江戸時代、礼文島において香深(かふか)アイヌと天塩(てしお)アイヌとの間に争いが起こりました。

やがて、香深(かふか)アイヌからの休戦の申し入れを、天塩(てしお)アイヌが受け入れて、桃岩の頂上で講話の誓いを立て祝宴となりました。

そして、香深(かふか)アイヌが頂上に祭壇をつくり、数々の宝物を天の神に供えたところ、端から彩雲(美しく彩られた雲)が降りてきて宝物を受け取り、天空遥かに舞い上がって行ったと伝えられています。

桃岩展望台 案内看板

 

利尻島(利尻山)

rebun-island-momoiwa-observatory-mt-rishiri

『桃岩展望台』から元地灯台へと続くトレッキングコースを10mほど進んだところから見た利尻島(利尻山)。

まさに「浮き島」。

海に浮かんでいるように見えてしまいます。

このコースを少し歩けば、特徴でもある頂上の尖がりが見える「桃岩」も見ることができます。

ちなみに...

rebun-island-momoiwa-observatory-hiking-trail-entrance

元地(もとち)灯台へと続くトレッキングコース、「桃岩歩道(約2.5km)」入口。

別名「礼文フラワーロード」と呼ばれています。

外来植物侵入防止のため、靴底の土を落とすマットが入口に設置されているので、入る際には利用しましょう。

桃岩歩道は希少植物の宝庫です。

独自の多様性を守るため、外来植物の侵入を防止しています。

マットの上で靴をトントンして、靴底の土を落として下さい。

桃岩展望台コース入口 案内看板

お隣り、利尻島の利尻山登山口「北麓(ほくろく)野営場」にも靴底を洗える設備が設置されていますね。

 

お花

rebun-island-momoiwa-observatory-information

『桃岩展望台』付近で見ることができるお花の看板。

駐車場から展望台へと向かう入口に設置されています。

西海岸元地(もとち)地区にある巨大な桃岩の付近一帯には、日本でも珍しい、

  • キバナシャクナゲ
  • エゾツツジ
  • シコタンソウ
  • チシマキンレイカ
  • イブキトラノオ

など、高山のハイマツ帯よりも上位置に存在するものが見られ、

  • レブンウスユキソウ
  • レブンソウ
  • レブンサイコ
  • レブンキンバイソウ
  • レブンシオガマ

など、レブンの名を冠する花をはじめ、多種多様な高山植物が繁茂(はんも)しています。

桃岩展望台 案内看板

 

樺太(サハリン)

rebun-island-momoiwa-observatory03

『桃岩展望台』から見た「桃岩」とは反対側、樺太(サハリン)方向の景色。

水平線にうっすらと見えているのは、樺太(サハリン)のような気がします。

 

展望台情報

rebun-island-momoiwa-observatory-outside

桃岩(ももいわ)展望台

礼文島で有名な奇岩「桃岩」や、利尻島(利尻山)が一望できる人気観光スポット。

傾斜が緩くて歩きやすく、多種多様な花が楽しめる人気トレッキングコースの入口にもなっているので、シーズンには人でにぎわいます。

住所

香深(かふか)から元地(もとち)へ抜ける道道765号線のトンネル手前、右側の道へと入っていきますが、看板が小さいので少し分かりずらいかもしれません。

北海道礼文郡礼文町香深村
ほっかいどう れぶんぐん れぶんちょう かふかむら

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

礼文島すべてのグルメ・観光スポット一覧マップ『礼文島マップ

TEL

0163-86-1001

時間規制

展望台頂上 9:00~17:00

展望台入口に注意看板があります。

トイレ

rebun-island-momoiwa-observatory-wc

有り

駐車場の奥、レンジャーハウスの裏側にあります。

基本的に24時間開放されています。

駐車場

rebun-island-momoiwa-observatory-parking

専用駐車場(展望台入口前)有り 11台 無料

道道765号線から『桃岩展望台』駐車場までの道は細く、大型バスは入ってきません。

観光バスなどは、下でお客さんを降ろして、その場で待機しています。

マイクロバスは何とか通れるので、駐車場まで登ってきます。

 

モデル 桃岩カラス

rebun-island-momoiwa-observatory-crow

『桃岩展望台』にいたカラス。

人が近づいても逃げることなく、逆に寄ってくる変わり者。

トレッキング観光客のお弁当でも狙っているのでしょうか。

カメラ慣れしているようで、動じません。

「海と看板とカラス」

凛々しい表情の良い一枚が撮れました。

 

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。