rebun-island-kato-syoten-nukahokke01

北海道礼文島の玄関口、香深(かふか)フェリーターミナルの向かいにあるお土産屋『ニューかとう(加藤商店)』

その店内で異彩を放っていたのが、番重(ばんじゅう)に盛られた名物「ヌカほっけ」。

クセが強いらしく、お店の人が初心者用「ヌカほっけ」を選んでくれます。

スポンサードリンク

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。

 

ヌカほっけ

rebun-island-kato-syoten-nukahokke02

買い方は2通り。

  • ヌカほっけ 3本 1,000円
  • ヌカほっけ 1kg 2,500円(量り売り)

当店 自家製「ヌカほっけ」

今年もおいしくできましたよ!!

礼文の昔ながらの保存食です。

皮をむいて食べます!!

「へしこ」「かつおぶし」とは全く違います。

店内ポップ

かなりクセが強く、好き嫌いがハッキリ分かれるという「ヌカほっけ」。

好きな観光客は、お土産用・自分用にkg単位で買っていくそうです。

試しに食べてみたいだけなので、kg単位は無いとしても、3本セットも多いですね。

ダメもとでバラ売りをお願いしたところ、特別に一本の量り売りをしてくれました。

初心者用ヌカほっけ

お店の人いわく、本当は硬い「ヌカほっけ」の方がおいしいそうです。

ですが、初めて食べる人は柔らかめの「ヌカほっけ」がおすすめ。

説明しながらお店の人は、なるべく小さめで柔らかいモノを選別してくれました。

「1kg 2,500円」なので「100g 250円」。

お店の人が選んでくれたモノは100gを超えていましたが、サービスで250円にしてくれました。

食べてみて「おいしい」「好きな味」と思えれば、徐々に硬い「ヌカほっけ」に挑戦みるのがいいそうです。

 

持ち越し

買ったその日のうちに食べようと思っていた「ヌカほっけ」。

色々食べ過ぎてお腹いっぱいになってしまったので、翌日に持ち越しました。

翌日、表面に少しカビのようなものが...。

天然の糠(ぬか)と塩のみを使い、天日乾燥と当店独自の燻製法で仕上げており、防腐剤等は一切使用していませんので、皮と糠(ぬか)に「カビ」が生ずることがありますが、皮を剥いでお召し上がりください。

むき身のまま酒の肴に、また薄切の玉葱と一緒にマリネ風(三杯酢に1時間程度浸す)にしても美味しくお召し上がりいただけます。

背ヒレ・腹ビレを削いで、頭側から皮を引くとむきやすいです。

購入時に付いてくる紙

お店の人も少しくらいカビが生えても、皮を剥けば問題ないと言っていたので挑戦してみました。

紙に書いてある通りにすると、割と簡単に剥けます。

カビも全く問題無いですし、かなりおいしい。

ビールとの相性が抜群です。

こんなにおいしいなら、3本セットを買っておけばよかった。

 

お店情報

ニューかとう(加藤商店)

香深(かふか)フェリーターミナル前の「礼文お土産センター」の一角にあるお店。

店舗間口(面積)がほかのお店の2倍と広く、品数豊富なお土産屋さん。

住所

北海道礼文郡礼文町香深
ほっかいどう れぶんぐん れぶんちょう かふか

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

礼文島すべてのグルメ・観光スポット一覧マップ『礼文島マップ

TEL

0163-86-1017

営業時間

9:00~18:00

閉店時間より早く閉まってしまう場合もあります。

定休日

無し

基本的に無休で営業。

駐車場

無し

フェリーターミナル前の道路が広いので、地元民は道沿いに止めています。

専用駐車場はありませんが、フェリーターミナル駐車場が利用可能。

 

へしこ・かつおぶしと全く違う

Heshiko Saba - pickled mackerel
Heshiko Saba – pickled mackerel / photo by : Ryosuke Hosoi

「かつおぶし」は分かりますが、「へしこ」ってあまり聞かないですね。

「へしこ」は、福井県の若狭・美浜地方で食べられている「ヌカほっけ」と同じ保存食の一つ。

鯖に塩を振って塩づけにし、さらに糠漬けにした郷土料理、および水産加工品である。

ぬかを軽く落とし火であぶったものはお茶漬けや酒の肴に良い。

新鮮なものであれば刺身で食べることもできる。

wikipedia

違いといえば、天日干しや燻製工程があり、そのまま皮を剥いで食べる「ヌカほっけ」に対して、塩と糠(ぬか)に漬け込み、洗って食べる「へしこ」。

お店の人が違いについて教えてくれましたが、最終的には細かいことは置いといて、全く違うモノなんです。

 

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。