rebun-island-chidori-todo-no-teppi01

北海道礼文島にある有名店『炉ばた ちどり』

このお店が発祥という「名物 ホッケのちゃんちゃん焼き」や「元祖 うに丼」が人気のお店。

壁に貼ってあった珍しいメニュー、「海馬(トド)のてっぴ」が気になったので注文してみました。

スポンサードリンク

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。

 

海馬(とど)のてっぴ

rebun-island-chidori-todo-no-teppi02

  • 海馬(トド)のてっぴ 800円(税込)

名前を聞いただけでは、よく分からないメニュー「海馬(トド)のてっぴ」。

お店の人に聞いてみたところ、海馬(トド)の「手」の部分、つまり「前ヒレ」だそうです。

道北のお土産屋さんで見かける「トド肉の缶詰」や、「澄海(スカイ)岬」の売店で売られていた「トド串」など、北海道の北の方では海馬(トド)が食べられているんですね。

本州でいうところの「鯨肉」や「鯨ベーコン」といった感覚なんでしょうか。

rebun-island-chidori-todo-no-teppi03

  • 海馬(とど)のてっぴ 7切れほど
  • 酢味噌 たっぷり
  • ネギ たっぷり

ちょっとぶれていて分かりにくい写真ですが、肉とコラーゲンが混ざったような断面をしています。

食感は、鶏の軟骨の柔らかい感じ。

「てっぴ」自体の味はあまり感じませんが、酢味噌、ネギと一緒に食べるとかなりおいしいです。

まさに酒の肴です。

ちなみに...

一般的には「てっぴ」と言えば、「ふぐの皮の湯引き」のことを指すようです。

  • てっぴ ふぐの皮の湯引き
  • てっさ ふぐの刺身
  • てっちり ふぐのちり鍋

馬を手入れする際、蹄(ひづめ)に詰まった泥などを掻き出す時に使う道具も鉄爪(てっぴ)と言うそうです。

 

たこ串

rebun-island-chidori-tako-kushi01

  • たこ串 1本 300円(税込)

ぶつ切りにした肉厚なたこの足の串。

生の状態で出てくるので、自分で焼いてから食べるスタイル。

炭火でじっくりと火を通していくので、食べるまでには少し時間がかかります。

rebun-island-chidori-tako-kushi03

何回かひっくり返して両面を焼いたらできあがり。

肉厚なだけあって、すごい歯ごたえ。

かなりおいしいです。

最初、1本300円は少し割高な感じがしましたが、おいしいので有りかもしれません。

ちなみに「たこ串」の抜けに写っているのは「ホッケのちゃんちゃん焼き」。

 

お店情報

rebun-island-chidori-outside02

炉ばた ちどり

お店の詳細は「【北海道グルメ】礼文島 ちどり!ホッケのちゃんちゃん焼き」でご確認いただけます。

 

海馬の読み方

『炉ばた ちどり』では「海馬」と書いて「トド」と読んでいますが、セイウチやアシカとも読むことができます。

ただ、「セイウチ」の場合は「海象」、「アシカ」の場合は「海驢」という別の漢字もあったりします。

「海馬」を「かいば」や「うみうま」と読むと、「タツノオトシゴ」のことを指すので、そのまま「タツノオトシゴ」と読まれる場合もあります。

  • 海馬(そのまま読む) セイウチ、トド、アシカ、タツノオトシゴ
  • 海馬(かいば) タツノオトシゴ
  • 海馬(うみうま) タツノオトシゴ
  • 海馬(ハイマ) 中国の自動車メーカー

意味は変わってきますが、読み方としてはどう読んでも正解ということですね。

 

利尻島 & 礼文島 観光リスト

利尻島と礼文島のグルメ・温泉・観光・キャンプ場など、島内の情報を検索しやすいようリスト化してみた。