【福井グルメ】敦賀市 中華そば一力!ランク常連のチャーシューメン

公開日: 2014年08月07日
更新日: 2017年09月17日

fukui-tsuruga-chukasoba-ichiriki-char-siu-pork-ramen-01

福井県敦賀市にある老舗ラーメン店「中華そば 一力 (いちりき)」

敦賀のラーメンランキングで常に上位に入る チャーシューメンが一番人気のお店。

大盛りをさらに超える 二層叉焼麺(ダブルチャーシューメン)という規格外のラーメンも存在する。

スポンサードリンク

 叉焼麺 (チャーシューメン)

fukui-tsuruga-chukasoba-ichiriki-char-siu-pork-ramen-02

  •  叉焼麺(チャーシューメン) 1,000円(税込)

写真は大盛り、+250円。

極薄にスライスしたチャーシューをどんぶり一面に載せました。

極薄にした理由は、麺とからめて叉焼を召し上がって頂く為です。

店内メニュー

「一力 (いちりき)」で一番人気の 叉焼麺(チャーシューメン)は、丼ぶりを覆いつくすほど盛られた薄切りのチャーシューが特徴。

豚骨ベースのスープは、サラッとしていながらも何故がクセになる味。

黒コショウがよく効いている。

さすが人気No,1の叉焼麺(チャーシューメン)は、一杯1,000円と少し高めの料金設定だが、特徴があっておいしいラーメンだ。

メニューには大盛りのさらに上を行く「二層叉焼麺(ダブルチャーシューメン) 1,600円」も存在する。

通常の叉焼麺(チャーシューメン)に比べて、麺が2倍、チャーシューが3倍という規格外のボリューム。

さすがに完食する自信がなかったので、今回は見送ることにした。

 

メニュー

fukui-tsuruga-chukasoba-ichiriki-menu-01

※表記している価格はすべて税込。

  • 中華そば 普通 750円 / 大盛り 1,000円
  • 叉焼麺 普通 1,000円 / 大盛り 1,200円
  • メンマそば 普通 900円 / 大盛り 1,150円
  • ワンタン麺 普通 1,000円 / 大盛り 1,250円
  • チャーシューワンタン麺 普通 1,250円 / 大盛り 1,600円
  • もやしそば 普通 900円 / 大盛り 1,150円
  • にんにくそば 普通 900円 / 大盛り 1,150円
  • ダブルチャーシュー麺 1,600円
  • つけ麺 普通 1,000円 / 大盛り 1,500円

 

お店情報

fukui-tsuruga-chukasoba-ichiriki-appearance-01

中華そば 一力(いちりき)

1961年(昭和33年)、屋台ラーメンとして創業した一力は20年後の昭和52年(1977年)に店舗を構える。

2017年で開店41年を迎える一力は、敦賀ではかなり老舗のラーメン店として有名。

2008年5月18日~2009年2月28日にかけて行われた新横浜ラーメン博物館のイベントで、各地域を代表する「ふるさとラーメン」を紹介する企画で、北陸地方で初めてとなるお店として選出された。

住所

  • 福井県敦賀市中央町1-13−21
    ふくいけん つるがし ちゅうおうちょう 1-13-21

※左上の「拡大地図を表示」をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせて店舗場所を確認することができる。

福井県すべてのグルメ情報・観光スポット・温泉・宿泊・駐車場の一覧マップ『福井マップ

TEL

  • 0770-22-5368

営業時間

  • 11:00~19:00

定休日

  • 火曜日、第2・第4月曜日

駐車場

fukui-tsuruga-chukasoba-ichiriki-parking-lot-01

  • 無料駐車場あり 店舗前 + 店舗裏 計21台ほど

※店舗正面に5台、店舗裏にある舗装された駐車場に6台、同じく店舗裏にある砂利の駐車場に10台、計21台。

中央分離帯のある大通り沿いにある「一力(いちりき)」。

その店舗前の正面駐車場はそれほど間口は広くなく、斜め駐車で5台ほどのスペースしかない。

訪れた際、タイミングよく1台空いてたので入ろうとしてみたが、駐車場入口すぐのところの黒のアルファードが出っ張り過ぎていて、結局止めることができなかった。

仮に駐車できたとしても、大通り沿いで交通量が多いので出にくい造りになっているので、おすすめは店舗裏の駐車場だ。

fukui-tsuruga-chukasoba-ichiriki-signboard-01

店舗裏には舗装されたアスファルトの駐車場と、砂利の駐車場の2ヶ所ある。

どちらの駐車場も正面駐車場よりは出入りしやすいが、車の出し入れを考えるのであれば、砂利の駐車場は広々しているのでおすすめだ。

fukui-tsuruga-chukasoba-ichiriki-appearance-02

写真は、店舗裏の駐車場から正面に回るのに使われる店舗横の細道。

「一力(いちりき)」の自宅玄関横を通り抜けるように建物横を進むと、最短で店舗入口に行くことができる。

何となく気が引けるかもしれないが、ちゃんと看板も出ているので、気兼ねなく通ることができる。

 

この味は…

どこかで食べたことあるような味の「一力(いちりき)」のラーメン。

あまりいい表現では無いかもしれないが、誰もが食べたことがあるであろう、あの赤いカップヌードルに味が似ているような気がする。

そういった意味では、新横浜ラーメン博物館で選出された「ふるさとラーメン」に相応しい一杯かもしれない。

 

スポンサードリンク

コメントを残す