hokkaido-sapporo-sapporo-beer-factory-01
Sapporo Beer 2 / photo by Toby Oxborrow

全国の様々な地域で放送されている おにぎりあたためますか の過去に紹介されたお店・グルメ・施設・観光の情報など、それぞれの旅ごとにまとめてリスト化した。

今回は、HTBで2013年4月9日~2013年4月30日に放送された「おにぎりあたためますか 全国制覇2周目の旅 原点回帰 地元・札幌の旅(札幌編 2013)」番組内のおにぎり本編で紹介されたお店・グルメ・施設・観光の情報をリスト化している。

実際に行かれる際は、最新の店舗・施設情報をHPなどで確認してほしい。

出典

HTB おにぎりあたためますか
全国制覇2周目の旅 原点回帰 地元・札幌の旅 全4話
サブタイトル無し
2013年4月9日~2013年4月30日 放送

スポンサードリンク

そのほか、おにぎりあたためますか については、こちらを参考にしてほしい。

 

おにぎりあたためますか 2周目 原点回帰 地元・札幌の旅 本編

「2周目 札幌編 2013」番組内で、おにぎり本体が訪れたのは、計5ヶ所。

紹介されたお店・グルメ・施設・観光の情報は、放送された順に掲載にしている。

なお、実際に行かれる際は、最新の店舗・施設情報をHPなどで確認してほしい。

 

1. しんがり 休業中

今日は油そばまぜまぜ
今日は油そばまぜまぜ / photo by hirotomo t ※写真はイメージ

しんがり

口コミで話題になっているお店。

大泉洋お気に入りでもあり、事務所のブログで紹介したこともあるが、混むのがイヤだからと店名をあえて伏せていたお店。

紹介されたグルメ ※放送時の情報

札幌の新ジャンル まぜ麺

しんがりでレギュラーメニューのまぜ麺。

温かいと冷たいがあり、特注でオーダーしている麺を細麺・中太・平太麺の3種類から選ぶ。

温かい・冷たいでスープは使い分けているという。

  • まぜ麺(中太・中盛) 700円
  • まぜ麺(平麺・小盛) 700円
  • 冷やしまぜ麺(細麺・小盛) 700円

冷やしは汁無しの担々麺風で、チャーシューの代わりにカモ肉を使っている。

トッピングのマヨネーズやチーズで、好みの味に調節も可能。

  • 冷やし つけ麺 900円

つけ麺は日替わりで、お客さんのリクエストで決めているという。

早い者勝ちで、最低でも3日前までに予約しなければならない。

そして、リクエスト(予約)が無い日は基本的に不定休のお店なので、休みにするそうだ。

住所

  • 北海道札幌市南区石山2条6-6-13
    ほっかいどう さっぽろし みなみく いしやま 2じょう 6-6-13

※左上の「拡大地図を表示」をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせて店舗場所を確認することができる。

TEL

  • 011-796-3540

営業時間

  • 12:00~20:00

定休日

  • 不定休

※リクエスト(予約)が無い日は休み

駐車場

  • 無し

しんがり 情報サイト

 

2. SOUL STORE

スープカレー
スープカレー / photo by Ryosuke Sekido ※写真はイメージ

SOUL STORE
ソウル ストア

スープカレーのお店でもトップレベルのおいしさだという、大泉洋行きつけのお店。

紹介されたグルメ ※放送時の情報

札幌グルメの王道 スープカレー

SOUL STOREでは、鶏ガラと香味野菜をじっくり煮込んだベースと、昆布やアサリでとったダシをブレンドしたスープを使用。

具材は特に北海道の旬の野菜を使用し、野菜本来の旨味を引き出すために煮る・蒸す・揚げるなどやさいによって調理法を変えているという。

そして、注文時には5段階の辛さ、ライスの量、スープカレーのトッピング、ライスのトッピングを選び、自由にカスタマイズできるようになっている。

  • 戸次さん 鶏団子とパリパリ揚げゴボウのカリー 1,000円 ※1日5食限定
    クラシックスープ 辛さ3番
    トッピング:ガツン油 +150円・肉厚しいたけ +250円・鬼奴 +250円
  • 藤尾さん 季節の旬菜カリー 1,100円
    ボッサスープ 辛さ2番
    トッピング:ライスonブーラージャン +150円
  • 大泉さん チキンと野菜のカリー 1,000円
    クラシックスープ 辛さ4番 +100円
    トッピング:大きいなめこ +150円・肉厚しいたけ +150円・紅奴 +200円・ねぎ塩ザンギ +200円

住所

  • 北海道札幌市中央区北1条西18丁目 市田ビル1F
    ほっかいどう さっぽろし ちゅうおうく きた1じょう にし18ちょうめ

※左上の「拡大地図を表示」をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせて店舗場所を確認することができる。

TEL

  • 011-616-8775

営業時間

  • 11:30~21:00 (L.O.20:30)

※15:00~17:00はカフェメニューのみ注文可

定休日

  • 月曜日 ※不定休

駐車場

  • 無料駐車場あり 場所不明 2台

SOUL STORE 情報サイト

スポンサードリンク

3. かに料理と和食 かに吉

Crabs
Crabs / photo by kanegen ※写真はイメージ

かに料理と和食 かに吉
かにりょうりとわしょく かにきち

毛ガニはもちろん、ズワイやタラバなど様々なカニを多彩なコースメニューで楽しめるお店。

紹介されたグルメ ※放送時の情報

カニのコース料理

  • かに吉コース 6,300円

毛蟹・ずわい蟹・たらば蟹、3大ガニのいいとこ取りした、浜茹で毛がに・たらば蟹の湯引き・ずわい蟹のしゃぶ・蟹しゅうまい・雑炊など全7品のスタンダードなコース。

  • たらば蟹クリームコロッケ 1,280円

お店のイチオシで、カニミソ・マヨネーズなどを合わせた特製ソースでいただく。

  • 蟹甲羅焼 800円

住所

  • 北海道札幌市中央区大通西9-1-1
    ほっかいどう さっぽろし ちゅうおうく おおどおりにし 9-1-1

※左上の「拡大地図を表示」をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせて店舗場所を確認することができる。

TEL

  • 011-206-4522

営業時間

  • 11:30~14:30 (L.O.14:00) / 17:00~23:00 (L.O.22:00)

定休日

  • 日曜、祝日 ※予約がある場合は夜のみ営業

駐車場

  • 無し

かに料理と和食 かに吉 情報サイト

 

4. 士別バーベキュー

"ジンギスカン" party #25
ジンギスカン” party #25 / photo by emi moriya ※写真はイメージ

士別バーベキュー
しべつバーベキュー

大泉さんもプライベートで訪れたことがあるお店。

紹介されたグルメ ※放送時の情報

サフォークラムのジンギスカン

純国産ラム肉にこだわり、全メニューがサフォークラムという品種の羊肉を使っている。

羊肉では珍しい、内臓を使ったメニューも食べられるのが特徴。

  • ラムベーコン 580円
  • レア焼き3種セット(肩ロース・ラムヒレ肉・ラムサガリ) 1,800円
    ※入荷状況で内容は変わる
  • ラムハツ 680円
  • 生フェレ肉のゆっけ風 980円
  • サフォーク丼 980円
    ラムカルビを使用
  • ラムしゃぶしゃぶ 2人前 3,200円 ※3日前までに要予約
    サフォークの骨をじっくり煮込んだパイタンスープのしゃぶしゃぶ

住所

  • 北海道札幌市中央区南3条西7丁目7
    ほっかいどう さっぽろし ちゅうおうく みなみ3じょう にし7ちょうめ 7

※左上の「拡大地図を表示」をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせて店舗場所を確認することができる。

TEL

  • 011-209-3210

営業時間

  • 月~金 11:30~15:00 (L.O.14:30) / 17:00~23:00 (L.O.22:30)
  • 土日祝 12:00~23:00 (L.O.22:30)

定休日

  • 無休

駐車場

  • 無し

士別バーベキュー 情報サイト

 

5. 正統羅麺 ともの家 ~生麺とあっさりスープのラーメン~ 閉店

※正統羅麺 ともの家は、残念ながら閉店してしまった。

正統羅麺 ともの家
せいとうらーめん とものや

紹介されたグルメ ※放送時の情報

生麺を使用したラーメン

アツアツのラーメンをすぐに食べてほしいと、熟成麺とは違い、茹で上がるのがとても早い生麺を使用。

注文を受けてからわずか2~3分で提供できるという。

  • 正油ラーメン(トロカット) 700円
  • 徳ラーメン(しょうが) 700円
    徳とは、正油と塩の中間
  • 塩ラーメン(ピリ辛) 650円

ともの家では、アッサリ系のスープを使用しているため生麺との相性がいいとのこと。

逆に、一般的な熟成麺ではおいしくないという。

さらに、生麺は日が経つにつれて味も茹で時間も変わり、のびるのも早いそうだ。

 

以上が、2周目 札幌編 2013 本編で紹介されたお店リストだ。

次の旅は、2013年5月7日から放送された宮崎編へと続く。

そのほか、おにぎりあたためますか については、こちらを参考にしてほしい。