【岡山グルメ】倉敷 ぶっかけ亭本舗ふるいち!発祥の元祖ぶっかけうどん

公開日: 2017年10月21日
更新日: 2017年11月13日

okayama-kurashiki-bukkaketei-honpo-furuichi-bukkake-udon-01

岡山県倉敷市にある「ぶっかけ亭本舗 ふるいち 仲店」。

全国のうどんが集まる祭典”うどん天下一決定戦2016・2017″で連覇を果たした、倉敷名物 元祖ぶっかけうどんが人気のお店。

ふるいちの創業者が日本で初めてぶっかけうどんを開発したという。

スポンサードリンク

ぶっかけ亭本舗 ふるいち 仲店 ぶっかけうどん

okayama-kurashiki-bukkaketei-honpo-furuichi-bukkake-udon-02

  • ぶっかけうどん(冷) 470円 (税込)

写真は普通盛りだが、大盛りは+100円(毎週金曜日15:00~閉店までうどん大盛り分無料)

讃岐うどんでは定番のぶっかけうどん。

当然、ぶっかけうどんが生まれたのも讃岐(香川)かと思いきや、実は倉敷が発祥だという。

しかも、このぶっかけ亭本舗 ふるいちの創業者が開発し、提供したのが始まりとされることから、ぶっかけうどん発祥のお店とされている。

ぶっかけ亭本舗 ふるいちに来たらな、まず食べてほしいという定番の倉敷ぶっかけうどん。

  • ミネラルバランスのとれた良質な水
  • 良質な部分だけを製粉した小麦粉
  • ぶっかけうどんに合うよう絶妙にブレンドした瀬戸内産の自然塩
  • 厳選した昆布・鰹・椎茸・醤油などを使用したダシ

うどんの素材すべてにこだわっているという。

okayama-kurashiki-bukkaketei-honpo-furuichi-bukkake-udon-03

ぶっかけうどんなのに、かけうどん並みにつゆ入っている。

丼ぶりの縁にわさびが付いてくるあたりは、倉敷うどん独特かもしれない。

つゆは甘めで、太めのうどん。

讃岐うどんほどのコシは無いものの、モチモチとした食感と滑らかなのど越しで、かなりおいしい。

通常の卵の黄身ではなく、うづらの卵の黄身を使っているあたりも、黄身の量的にちょうどいいぐらいだ。

普通盛りにしては、割とボリュームがあるので、よく食べる男性にはありがたい。

 

ぶっかけ亭本舗 ふるいち 仲店 メニュー

※写真を含め、価格はすべて税込表示。

okayama-kurashiki-bukkaketei-honpo-furuichi-menu-01

ぶっかけタイプと汁タイプに分けられるうどんメニュー。

毎週金曜日の15:00~閉店まで、うどん大盛り+100が無料になる。

ぶっかけタイプ

  • ぶっかけうどん 470円
  • きざみぶっかけ 520円
  • にくぶっかけ 570円
  • ぶっとろ(とろろ) 570円
  • おろしぶっかけ 570円  など

汁タイプ

  • すうどん 420円
  • きつねうどん 470円
  • 月見うどん 470円
  • 天ぷらうどん 570円
  • 肉うどん 570円 など

 

ぶっかけ亭本舗 ふるいち 仲店 お店情報

okayama-kurashiki-bukkaketei-honpo-furuichi-appearance-01

ぶっかけ亭本舗 ふるいち 仲店

全国のご当地うどんが集まる祭典「うどん天下一決定戦」で2016年 優勝、2017 優勝の2連覇を達成した倉敷名物 ぶっかけうどんの発祥と言われる、ぶっかけ亭本舗 ふるいち。

すぐ近くに本店もあるが、ぶっかけ亭本舗 ふるいちの全店舗の中で一番歴史のあると言われているのは仲店。

本家は約100年前、製粉屋として『うどん』の乾麺を製造しておりました。

創業者はそこの次男として生まれ、日本で初めて『ぶっかけうどん』を開発しました。

歴史と文化の薫るまち倉敷にて、年間200万人のお客様に足をお運びいただき、今では、ぶっかけうどんは『倉敷名物』と言われるまでに育てていただいております。

ぶっかけ亭本舗 ふるいち HP

店内

基本、2人掛けテーブルをくっつけて4人用にしている。

  • 計 130席ほど

住所

  • 岡山県倉敷市阿知2丁目3-23
    おかやまけん くらしきし あち 2ちょうめ 3-23

※左上の「拡大地図を表示」をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせて店舗場所を確認することができる。

岡山の旅を楽しむためのグルメ・観光などの情報が、1つの地図上で手軽に確認できるようにした「索楽 saku-raku 岡山マップ

TEL

  • 086-422-2389

営業時間

  • 7:00~21:00

定休日

  • 原則として無休

駐車場

  • 無し

JR倉敷駅の駅前アーケード商店街の中に店舗あるため専用駐車場は無い。

車の場合は近くのコインパーキング利用となるが、倉敷の観光スポット 白壁の古い町並み(倉敷美観地区)も合わせて観光するのに、近くて安いおすすめの駐車場を2つピックアップしてみた。

OPL阿知第1パーキング

ぶっかけ亭本舗 ふるいち から約350m、徒歩4分ほどの平駐車場。

観光スポットの白壁の古い町並み(倉敷美観地区)と、ぶっかけ亭本舗 ふるいちのちょうど中間ぐらいにある。

月~土の時間料金 70分/100円は、周辺では最安値。

  • 24時間営業
  • 【月~土】
    1:00~9:00 120分/100円
    9:00~19:00 70分/100円・最大 600円
    19:00~1:00 60分/100円
  • 【日・祝】1:00~9:00 120分/100円
    9:00~19:00 60分/100円・最大 600円
    19:00~1:00 70分/100円
  • 普通車 8台

詳しくは「倉敷まち案内 駐車場情報」で確認してほしい。

倉敷市 阿智3丁目駐車場

ぶっかけ亭本舗 ふるいち から約400m、徒歩5分ほどの平駐車場。

白壁の古い町並み(倉敷美観地区)の関連駐車場の一つ。

  • 24時間営業
  • 【全日】
    0:00~24:00 60分/100円
    8:00~18:00 最大 510円
  • 普通車 30台

詳しくは「倉敷まちづくり HP」で確認してほしい。

そのほかの周辺の駐車場など詳しくは、平日・土日祝で分けた下記記事を参考にしてほしい。

ぶっかけ亭本舗 ふるいち 仲店 情報サイト

 

本店ではなく仲店

ご当地グルメのお店がチェーン展開している場合は何となく本店を訪れるようにしているが、ぶっかけ亭本舗 ふるいちでは仲店を訪れた。

その理由は2つ。

ぶっかけ亭本舗 ふるいち 本店は、一時期営業をしておらず、現在はたい焼きなどを販売していること。

訪れた仲店が、ぶっかけ亭本舗 ふるいちの店舗で一番歴史があると言われ、現在は中核的な存在になっていること。

味はどの店舗でも変わらないだろうが、せっかくなら本店で食べたいという気持ちになってしまう。

ちなみに、ぶっかけ亭本舗 ふるいちはセルフ形式が基本だが、全店舗の中で唯一仲店だけが接客形式をとっている。

スポンサードリンク

コメントを残す