【おにぎりレク】京都の名所 清水寺への参道!五条坂と茶わん坂!

公開日: 2015年06月27日

清水寺 (Kiyomizu-dera)
Kiyomizu-dera / photo by Sam Ng

京都市東山区にある言わずと知れた『 清水寺』

正式名称は、山号(さんごう)を付けて『音羽山(おとわさん)清水寺』と言い、地元では「清水さん」の愛称で親しまれています。

その『清水寺』に向かう参道、五条坂・茶わん坂も合わせて観光スポットになっています。

和菓子探訪で訪れた京都で、平安時代創業の老舗『一文字屋和輔(いちもんじわすけ)』のあぶり餅を完食し、昼食には、明治12年(1879年)創業の『京つけもの処 近為』のお茶漬け席(要予約)でつけものコースを完食。

そして、茶わん坂から清水寺へと向かいました。

出典

HTB 2003年9月2日放送 おにぎりあたためますか #23
『京都 和菓子探訪 ~~ブタ一家の食い倒れ珍遊記 第1夜』

スポンサードリンク

五条坂・茶わん坂

47434-Kyoto-Kiyomizu-dera
Kyoto-Kiyomizu-dera / photo by Xiquinho Silva

五条坂・茶わん坂は清水寺に向かう参道のうちの一つで、正式名称は、清水寺参道『五条坂・茶わん坂』

五条坂・茶わん坂は、東山にある清水焼発祥の地です。

弁慶と牛若丸が出会ったという五条大橋よりも東を五条坂、東大路通りから清水寺への参道を茶わん坂と呼びます。

清水寺参道 五条坂・茶わん坂

この茶わん坂が発祥と言われている清水焼の正式名称は「京焼・清水焼」。

形や柄など多種多様で、「清水焼だからこう作る」というような決まりは特にないそうで、作る職人によって様々な表情があるのか特徴です。

清水焼(”しみずやき”ではありません。”きよみずやき”と読みます。)は、京都を代表する伝統工芸品のひとつで、もともと清水寺に向かう清水坂界隈の窯元で焼かれていた焼き物を指してそう言っていたのが始まりです。

現在では、京都市東山区・山科区の清水焼団地・宇治市の炭山などで生産されているものをまとめて「清水焼」と呼んでいます。

経済産業大臣指定の伝統工芸品としての正式名称は「京焼・清水焼」です。

ちなみに京焼と清水焼の違いをよく聞かれますが、これは以前(江戸時代ぐらい)は清水焼以外にも、粟田口焼・八坂焼・音羽焼・御菩薩池焼などが京都市内各地にあり、それを総称して「京焼」という言葉が使われていました。

しかしその後、時代の流れとともに清水焼だけが残って、現在ではほぼ「京焼=清水焼」という形になっています。

清雅堂陶苑

茶わん坂よりも、五条坂から松原通を通って清水寺へ参拝するルートの方が観光客で賑わっていますが、行き帰りどちらかで茶わん坂を楽しむのもいいかもしれません。

 

清水寺

Kiyomizu-dera Sunset
Kiyomizu-dera Sunset / photo by Mr Hicks46

音羽山(おとわさん)清水寺

清水寺(きよみずでら)は、京都府京都市東山区清水にある寺院。

山号を音羽山(おとわさん)。

本尊は千手観音、開基(創立者)は延鎮(えんちん)である。

もとは法相宗に属したが、現在は独立して北法相宗大本山を名乗る。

wikipedia

住所

京都府京都市東山区清水1丁目294
きょうとふ きょうとし ひがしやまく きよみず

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

関西すべてのグルメ・観光スポット一覧マップはこちら

拝観料金

通常拝観:大人 300円  小中学生 200円

夜間特別拝観:大人 400円 小中学生 200円

開門・閉門時間

kiyomizu-dera-hours-of- opening
photo by 音羽山 清水寺 OFFICIAL SITE

駐車場

専用駐車場無し

近くに市営やパーキングは複数ありますが、土日祭日はどこも混み合っています。

料金的に安く、便利な2つをピックアップしてみました。

京都市清水坂観光駐車場

鉄板の「市営駐車場」

  • 24時間営業
  • 普通車 59台
  • 普通車 全日 1,000円(1日/1回)

タイムス八坂小松町

清水寺・八坂神社・祇園・建仁寺をぐるっと回るのにおすすめ。

  • 24時間営業
  • 普通車 12台
  • 平日:9:00~21:00 最大1,000円(20分/300円)
  • 土日祝:昼間最大料金無し(20分/400円)

巡礼地の清水寺

『どうでしょう』好きにはお馴染みの「四国 八十八ヶ所」のような巡礼地としても登録されています。

  • 西国三十三所(さいこく さんじゅうさんしょ) 16番
    ※兵庫、京都、滋賀、岐阜、大阪、奈良、和歌山の点在する日本で最も歴史のある巡礼行
  • 法然上人二十五霊跡(ほうねんしょうにん にじゅうごれいじょう) 13番
    ※浄土宗の開祖、法然(ほうねん)ゆかりの寺院を巡る巡礼行
  • 洛陽三十三所観音霊場(らくよう さんじゅうさんしょ かんのんれいじょう)10~14番
    ※平安時代に後白河天皇(ごしらかわてんのう)が定めたとされている京都市内の観音菩薩を巡る巡礼行。2005年に復活。
  • 神仏霊場巡拝の道(しんぶつれいじょう じゅんぱいのみち) 117番(京都37番)
    ※近畿地方の150の寺院を巡る巡礼行。2008年発足とわりと新しいです。

2033年 御開帳

ご本尊の千手観音は秘仏なので普段は観ることができませんが、33年に一度御開帳されます。

前回は2000年に御開帳されたので、次は2033年、今から19年後ということになります。

実は、最近だと2008年にも御開帳されてますが、これは通常のサイクルとは異なるもの(花山天皇の一千年忌記念)です。

 

買い食い

cyawanzaka-kyoyakiguri

gojouzaka-kamaboko

茶わん坂で「京やきぐり」、五条坂で「かまぼこ」を買い食い。

シゲさんに至っては、学生の時よりお金を持っているからと、木刀より高価な忍者刀を大人買い。

 

マップ

グルメ情報・観光スポット・温泉・宿泊・駐車場など、都道府県ごとに地図上でご覧いただけます。

japan
全国マップ

スポンサードリンク

コメントを残す