issen-yosyoku-issenyaki

京都市東山区祇園にある祇園名物『壱銭洋食』の壱銭焼き。

大正から昭和の初めごろに子供たちの為に考案されたお好み焼きのルーツと言われているおやつです。

和菓子探訪で京都を訪れた豚一家は、『一文字屋和輔(いちもんじわすけ)』のあぶり餅、『京つけもの処 近為』のお茶漬け会席、『音羽山(おとわさん) 清水寺』でレクと買い食いをしているうちに、お目当ての大文字焼きまでの時間が無くなってしまい、予定していたお店全てに行けなくなってしまいました。

その中から選んだ、クズキリがおいしい有名店『鍵善良房(かぎぜんよしふさ)』に向かう道中、大泉オススメの『都乃だんご みよしや』のみたらし団子と合わせて訪れたお店です。

出典

HTB 2003年9月9日放送 おにぎりあたためますか #24
『京都 和菓子探訪 ~~ブタ一家の食い倒れ珍遊記~ 第2夜』

スポンサードリンク

壱銭焼き

issen-yosyoku-butaikka

1個 650円(税込)

出汁でといた小麦粉の薄い生地で、牛肉、ちくわ、九条ネギ、たまご、こんにゃく、天かす、紅ショウガを包んだもの。

『壱銭焼き』というのは別名で、正確にはお店と同じ名前の『壱銭洋食』というメニュー名。

注文方法

ソースの味は、甘味・辛味の2種類。

その組み合わせで、「甘辛」「辛辛」「甘甘」の3パターン

甘辛(スタンダード)

注文時に特に指定が無い場合は「ふつう味」と言って、中には辛いソース、2つ折りにした外側には甘いソースをぬった通称「甘辛」を提供している。

辛辛

辛いの好きな方は、中・外ともに辛いソースの「辛辛」。

甘甘

甘いのが好きな方は、中・外ともに甘いソースの「甘甘」。

 

お店情報

issen-yosyoku-outside

昔懐かし お古乃美焼 壱銭洋食

昔(大正末期~昭和初期)おじいさんが屋台店で、おばあさんが駄菓子屋で、鉄板の上に小麦粉をまぜた「だし」で円を描いて、京野菜の九条ネギを上にのせ、具を入れて洋食(ウスターソースをぬったものを洋食といいました)をつくって売りました。

そして近所の子供たちは一銭を持って、鼻水をたらして洋食を走って買いに行きました。

それがこの一銭洋食。

今のお好み焼きの元祖(ルーツ)です。

店内貼紙「壱銭洋食のいわれ」

住所

京都府京都市東山区祇園町北側238
きょうとふ きょうとし ひがしやまく ぎおんちょう きたがわ

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

関西すべてのグルメ・観光スポット一覧マップはこちら

TEL/FAX

TEL:075-533-0001

FAX:075-531-6511

営業時間

平日(土曜含):11:00~翌3:00

日・祝祭日:10:30~22:00

定休日

年中無休

駐車場

専用駐車場無し

近くに市営やパーキングは複数ありますが、土日祭日はどこも混み合っています。

料金的に安く、便利な3つをピックアップしてみました。

祇園新橋サンキンガレージ

この辺では知る中で、広くて一番安い駐車場。

  • 11:00~翌2:00
  • 普通車 36台
  • 全日 早朝~19:00 最大料金1,000円(時間内出入り自由)
  • 平日 11:00~18:00 40分/200円  18:00~翌2:00 30分/300円
  • 土日祝 終日 30分/300円

※季節特別料金有り

京都市鴨東駐車場

鉄板の市営駐車場。

  • 24時間営業
  • 普通車 131台
  • 普通車 3,800円(入庫から24時間)
  • 全日 7:00~翌2:00 30分/200円  2:00~7:00 60分/200円

タイムズ四条大橋

上記市営駐車場のすぐ近くなので、利用する時間によってはお得。

  • 24時間営業
  • 普通車 9台
  • 平日 0:00~16:00 最大料金1,800円(20分/300円)
  • 土日祝 0:00~16:00 最大料金2,400円(15分/300円)

※16:00~の最大料金はありません。

 

イートインもできる店内ではアルコールを提供しており、平日(土曜含)はかなり遅くまで営業しています。

そして最近では珍しい「店内喫煙OK」のお店。

とは言っても、外国人観光客の方がいたり、店内が混んでいたりする時は控えたほうが良さそうです。

都乃だんご みよしや』、『鍵善良房(かぎぜんよしふさ)』がすぐ近くなので食べ歩くのもいいかもしれません。

 

おにぎりイズム

kagizen-yoshihusa-ng

時間の都合で全てのお店に行けなくなってしまったので、

  • 明治以来の店構え 和菓子 『洛匠(らくしょう)』
  • すべて抹茶を使ったメニューで行列のできる店 『都路里(つじり)』
  • クズキリがおいしい有名店『鍵善良房(かぎぜんよしふさ)』

から『鍵善良房』を選択し向かったところ、

「大文字さん、お盆、土曜日...突然来られましても撮影の方はちょっと...。」

北海道では通じていた「おにぎりイズム」、つまりはアポ無し撮影が通用せず、結果お店を紹介することができませんでした。

 

[allmap]