【兵庫グルメ】神戸 老祥記!中華街で行列のできる元祖豚まん

公開日: 2016年10月08日
更新日: 2017年12月17日

hyogo-kobe-roushouki-butaman01

兵庫県神戸市の中華街(南京町)にある、老祥記(ろうしょうき)。

連日行列ができ、1日3,000個は作るという元祖 豚まんが人気のお店。

定休日でも向かいの曹家包子館にて老祥記(ろうしょうき)の元祖 豚まんを持ち帰りで買うことができます。

スポンサードリンク

老祥記 元祖 豚まん

hyogo-kobe-roushouki-butaman02

  • 豚まん 1個 90円(税込)

中国中国は天津地方の、「天津包子(テンチンパオツー)」と呼ばれる饅頭を、味・名称ともに日本人に馴染む物にしようと考え「豚饅頭(ぶたまんじゅう)」を生み出したのが「元祖 豚饅頭」のお店『老祥記』

老祥記 HP

「豚饅頭(豚まん)」という呼び名、発祥のお店と言われる『老祥記(ろうしょうき)』。

タイミングよく行列の無い時に買うことができましたが、それでも店内はお客さんでいっぱいです。

小ぶりな豚まんは1個90円。

必ず3つは買わなければいけないので、3個セット 270円、追加1個につき90円ということですね。

この3つ以上という縛りは、中華街で豚まんを扱っているほとんどのお店で共通のようです。

豚まんは、肉汁がしっかりと閉じ込められていて、かじると溢れてきます。

少し厚めの皮はモチモチした食感で、餡の肉汁が染み出して味が付くほど。

濃い味付けなので、そのままでも十分おいしですね。

ちなみに向かいの広場で食べていると、あっと言う間に行列ができていました。

本当にタイミングがよかったみたいです。

 

老祥記 メニュー

hyogo-kobe-roushouki-menu

メニューといっても、扱っているのは豚まんのみ。

  • 豚まん 1個 90円(3つ以上から購入可)

賞味期限

お持ち帰り後、本日中に冷蔵・冷凍室に入れて下さい。

冷蔵で2日、冷凍で約1週間以内にお召し上がり下さい。

店内案内

食べ方

お土産などで、どうしてもしえてしまった時は、強火で10分ほど蒸し直してお召し上がり下さい。

フライパンに多めの油を入れ、キツネ色になるまで焼いてもOK!

唐揚げにしても美味しく頂けます。

老祥記 HP

価格は税込。

スポンサードリンク

老祥記 お店情報

hyogo-kobe-roushouki-outside

元祖 豚饅頭 老祥紀(ろうしょうき)

1915年(大正4年)創業、100年以上続く「元祖 豚まん」の老舗店。

店内

hyogo-kobe-roushouki-inside

  • 8人用長テーブル 2卓

入口の両脇にテーブルが設置されていて、店内で食べることもできます。

ただ引っ切り無しにお客さんの出入りがあるので、あまり落ち着いて食べれません。

天気が良ければ、向かいの広場で食べるのがおすすめです。

住所

  • 兵庫県神戸市中央区元町通2-1-14
    ひょうごけん こうべし ちゅうおうく もとまちどおり 2-1-14

※左上の「拡大地図を表示」をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせて店舗場所を確認することができる。

神戸の旅を楽しむためのグルメ・観光などの情報を、1つの地図上で手軽に確認できるようにした「索楽 saku-raku 兵庫マップ

TEL

  • 078-331-7714

営業時間

  • 10:00~18:30 ※売り切れ次第終了

定休日

  • 月曜日

※定休日でも、広場を挟んだ向かいの系列店 曹家包子館にて、老祥記の元祖 豚まんを買うことができきる。

駐車場

  • 無し

老祥記に駐車場は無いので、周辺の駐車場・パーキングの利用となるが、平日と土日祝で料金が大きく異なってくる。

老祥記と合わせて南京町(中華街)を散策するのにオススメの駐車場・パーキングについては、こちらを参考にしてほしい。

 

方程式

『老祥記(ろうしょうき)』でテイクアウトした「豚まん」を食べるために向かいの広場へ。

包みを開けて食べていると、数羽のハトが寄ってきます。

少しだけ皮をちぎってあげると、我先にと食べるハト。

何回かあげているうちに、気が付くと周りはハトだらけに。

しかも皮では満足できないのか、地面に置いてある本体の「豚まん」を狙ってきます。

本体を死守しながら早く食べてしまおうと焦った結果、肉汁で上あごをヤケドする始末。

ハト+豚まん=上あごのヤケド

ハトに「豚まん」をあげるときは、注意しましょう。

スポンサードリンク

2 Responses to “【兵庫グルメ】神戸 老祥記!中華街で行列のできる元祖豚まん”

  1. SH生 より:

    「老祥紀」は誤りで、「老祥記」が正しいです。
    「老祥紀」は元町通り5丁目にあるのれん分けした別の店舗です。

コメントを残す