hokkaido-yubari-shikanotani3chome-syokudo-curry-soba01

北海道夕張市にある『鹿の谷3丁目食堂(しかのたに3ちょうめしょくどう)

JR夕張駅に隣接する「ゆうばり屋台村 バリー屋台」に出店おり、夕張名物「カレーそば」が人気のお店。

「カレーそば」発祥のお店と言われた超人気有名店「藤の家」の味が受け継がれています。

スポンサードリンク

 

鹿の谷3丁目食堂 夕張名物 カレーそば

hokkaido-yubari-shikanotani3chome-syokudo-curry-soba02

  • カレーそば 700円(税込) (大盛り+100円)

写真は大盛りです。

「藤の家に最も近い味」と言われている『鹿の谷3丁目食堂』の夕張名物「カレーそば」。

なぜ最も近いのかというと、「藤の家」から直接レシピを教わっているから。

丼からこぼれるほどのカレーに覆われてまったく中が見えませんが、箸を入れて持ち上げると確かに蕎麦がぎっしり入っています。

カレーで丼に蓋をされたおかげで、中の蕎麦はかなりアツアツ。

何ともおいしいそうな香りにやられてがっつきたくなりますが、衝動を抑えてゆっくり食べましょう。

間違いないくヤケドします。

hokkaido-yubari-shikanotani3chome-syokudo-curry-soba03

そばは柔らかいと思いきや、少しコシを感じる程度の茹で加減。

「藤の家風」のカレースープは、サラサラ系というよりは粘度があるトロトロ系で、少し辛さを感じる和風テイストに仕上がっています。

粘度のおかげで、そばを持ち上げるとカレースープよく絡みます。

全体的にかなりおいしい「カレーそば」です。

今回注文した大盛りは、食べても食べても中々減らない量。

後に控える「追加ライス」を考えると、普通盛りでも満足いく量かもしれません。

hokkaido-yubari-shikanotani3chome-syokudo-curry-soba-in-rice

残ったカレースープにライスとたまごを入れて、絶品カレー雑炊!

店内メニュー

大盛りを食べた後でしたが、どうしても食べたくてライスを追加注文。

100円のライスは、お茶碗山盛りです。

どのぐらいの量か確認してから注文したので、お店の方が気を利かせて山盛りにしてくれたのかもしれません。

「カレーそばの汁」+「白米」は、通常の「カレーライス」とも「スープカレー」とも違う独特のおいしさ。

再度火は通さないものの、メニュー通り「カレー雑炊」が一番近いのかもしれません。

 

鹿の谷3丁目食堂 メニュー

hokkaido-yubari-shikanotani3chome-syokudo-menu

価格はすべて税込。

スポンサードリンク

鹿の谷3丁目食堂

hokkaido-yubari-shikanotani3chome-syokudo-outside

鹿の谷3丁目食堂 (ゆうばり屋台村 バリー屋台内)
しかのたに3ちょうめしょくどう

札幌市のお隣り、江別市の大麻駅前店は閉店してしまったので、現在はバリー屋台内の店舗のみとなります。

店舗詳細

hokkaido-yubari-shikanotani3chome-syokudo-inside

  • カウンター席 7席

決して広いとは言えない店内。

バリー屋台内の各店舗すべて、同じくらいの広さです。

店舗内が狭い代わりに、通路はイス・テーブルが設置された自由に使える共有スペースになっています。

共有スペース

hokkaido-yubari-bari-yatai-shared-space

  • 4人掛け・6人掛けテーブル 全36席

「ゆうばり屋台村 バリー屋台」建物内の通路の共有スペース。

程よい間隔で配置された各テーブルには、それぞれの屋台メニューが置いてあり注文可能。

住所

  • 北海道夕張市末広1-81 ゆうばり屋台村 バリー屋台内
    ほっかいどう ゆうばりし すえひろ

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

北海道すべてのグルメ情報・観光スポット・温泉・宿泊・駐車場の一覧マップ『北海道マップ

TEL

  • 0123-52-3338

営業時間

  • 通常 11:00~21:00
  • 木曜のみ 11:00~15:00

定休日

  • 不定休

駐車場

hokkaido-yubari-bari-yatai-parking

  • 共用駐車場(店舗前)有り 8台ほど 無料

「ゆうばり屋台村 バリー屋台」の共用駐車場。

満車の場合は、道を挟んだ向かいの土(砂利)駐車場も利用可能。

駅や周辺の施設などを利用する際に使われる駐車場とのこと。

 

「藤の家」の現在

hokkaido-yubari-fujinoya-outside

今や夕張名物となった「カレーそば」発祥のお店「藤の家」の現在の様子。

健康上の理由から2009年(平成21年)5月末日に閉店してしまいました。

未だ店舗入口(建物内)には、暖簾がそのままになっています。

もしかしたら何らかの形で復活していないかと、淡い期待で訪れた2015年11月でした。