【北海道グルメ】小樽 なると本店!海鮮以外の隠れ名物 若鶏の半身揚げ

公開日: 2016年07月07日
更新日: 2017年11月16日

hokkaido-otaru-wakadorijidai-naruto-wakadori-teishoku01

北海道小樽市にある有名店『若鳥時代 なると 本店』

海産物のイメージがある小樽の隠れた名物である「若鳥半身揚げ」が人気のお店。

平日ランチサービスや、毎月サービスデーなどもやっています。

スポンサードリンク

若鶏定食

hokkaido-otaru-wakadorijidai-naruto-wakadori-teishoku02

若鶏定食 1,200円(税込) (ランチ 1,000円)

あっさりとした塩味で、外はパリッっと、中はふっくら!

小樽名物 若鶏半身揚げ。

若鳥時代 なると HP

「若鶏半身揚げ 980円」に+220円でご飯などが付いたお得な「若鳥定食」。

見るからに、かなりボリュームがあります。

半身揚げはお店の謳い文句通り、外の皮はパリパリで、中はふっくらジューシー。

余分な脂は落ちて脂っこくなく、ほんのり塩味が効いています。

とてもシンプルですが、かなりおいしい。

白米も悪くないですが、ビールが欲しくなる味です。

もしボリュームがあり過ぎて食べきれない場合でも、お土産用のパックで持ち帰り可能。

ちなみに、平日のみ11時~14時のランチタイムには、「若鶏半身揚げ 単品」の値段とほぼ同じ、1,000円で「若鳥定食」が食べれます。

 

注文システム

通常のお店とは異なり、前払い制です。

  1. 席についてメニューから食べたいモノを選ぶ。
  2. レジカウンターへ行き、注文&お会計。
  3. 渡された食券を持って、席へ戻り料理の到着を待つ。

追加注文するときも同じで、レジに行って注文&お会計です。

 

メニュー

hokkaido-otaru-wakadorijidai-naruto-memu01

hokkaido-otaru-wakadorijidai-naruto-memu02

詳しいメニューは、「若鳥時代 なると HP メニュー」で確認できます。

毎月15日と30日はサービスデー。

  • 15日は「ザンギの日 100円引き」  ザンギ(5個) 700円→600円
  • 30日は「とりの日 200円引き(定食100円引き)」 若鶏半身揚げ 980円→780円

価格はすべて税込。

 

お店情報

hokkaido-otaru-wakadorijidai-naruto-outside

若鳥時代 なると 本店

1965年(昭和40年)創業の老舗店。

小樽名物「若鶏半身揚げ」のほか、小樽の海鮮を使用した丼など多彩なメニューがあります。

店内

hokkaido-otaru-wakadorijidai-naruto-inside

店内はかなり広く、イス・テーブル席、小上がり座敷席が多数あります。

かなりピンボケの写真ですが、雰囲気が伝われば幸いです。

住所

北海道小樽市稲穂3-16-13
ほっかいどう おたるし いなほ

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

北海道すべてのグルメ情報・観光スポット・温泉・宿泊・駐車場の一覧マップ『北海道マップ

TEL

  • 0134-32-3280

営業時間

  • 11:00~21:00(L.O.20:00)

定休日

  • 月曜日

月曜日が祝祭日の場合は、営業して翌日休み。

イレギュラーな休みなども含めて、「なると HP 定休日・割引デー案内」で確認できます。

駐車場

hokkaido-otaru-wakadorijidai-naruto-parking

  • 専用駐車場(2ヶ所)有り 計14台 無料
  • 提携駐車場(少し遠い)有り 132台  2,000円以上で1時間無料券

専用駐車場は9台(地図上で下)と記載されていますが、現地駐車場の看板は10台になっています。

別の場所に4台(地図上で上)の計13台の駐車スペースがあります。

どちらの専用駐車場も「なると」いう看板があるので、すぐ分かります。

小樽稲穂駐車場(提携駐車場)

市営の立体駐車場。

店舗から約110m、徒歩1分ほど。

  • 24時間営業
  • 普通車 132台
  • 8:00~20:00 30分/100円
  • 20:00~翌8:00 120分/100円
  • 24時間最大料金 1,000円
  • 高さ制限 2.1m

 

大切なこと

なるとの注文システムは独特。

メニューから食べたいモノを選んだらレジへ行き、注文して先にお会計をします。

席には特に案内などないので、初めて訪れるとよくわかりません。

実際、席ですっと待っていました。

地元の方らしきお客さんが一連の流れで注文しているのを見て、マネしてみたところ正解。

初めて訪れるお店は、他のお客さんの動きをチェックするのも大切ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す