【北海道グルメ】紋別市 丸仙 小林食品店!いもちゃん&かぼちゃん

公開日: 2015年11月10日
更新日: 2017年08月13日

hokkaido-monbetsu-marusen-kobayashi-imochan-kabochan

北海道紋別市にある地元民に行きつけの老舗かまぼこ店『丸仙 小林食品店』

紋別のソウルフードと言われる「天ぷらかまぼこ」が有名なお店では、「いもちゃん・かぼちゃん」も地元民に人気。

お饅頭のような見た目の「いもちゃん・かぼちゃん」ですが、もちろん「かまぼこ」なんです。

スポンサードリンク

いもちゃん・かぼちゃん

hokkaido-monbetsu-marusen-kobayashi-imochan01

  • いもちゃん・かぼちゃん 各210円(税込)

写真は「いもちゃん」。

ショーケースの上に置かれていたお饅頭のような食べ物。

店員さんに聞いたところ、もちろんかまぼとのこと。

中にジャガイモが入っているから「いもちゃん」で、「かぼちゃん」は中にかぼちゃが入っています。

地元の方に人気で、いつも早い時間に無くなってしまうそうです。

紋別のソウルフード 天ぷらかまぼこ」を 400gも買ってしまったので、「いもちゃん・かぼちゃん」どちらか1つを選んだ結果、店員さんのおすすめの「いもちゃん」を購入。

ラップに包まれてるとお饅頭のように見えますが、包みを取ると表面は確かにかまぼこです。

hokkaido-monbetsu-marusen-kobayashi-imochan02

お饅頭に例えるなら、皮がかまぼこ、中の餡がジャガイモの「いもちゃん」。

蒸したジャガイモを、こしてペースト状にしたものにバターを加えて混ぜて作ったという餡が、分厚いかまぼこに包まれています。

他ではなかなか見ない、珍しいかまぼこ。

中のこしあんというか、ジャガイモが甘くておいしいですね。

包んでいるかまぼこも甘めの味付けになっていて、ジャガイモとよく合います。

これは、想像以上においしいです。

『丸仙 小林食品店』のオリジナル商品とのことなので、ここでしが食べることはできません。

もっと買っておけば良かったと後悔したくなる一品です。

 

揚げ場

hokkaido-monbetsu-marusen-kobayashi-fried-food01

『丸仙 小林食品店』の店舗奥には、ケースに入ったかまぼこを選ぶと、その場で揚げてくれる売店のようなスペースもあります。

たくさん種類もあるので、買い食い好きにはたまりません。

「チーズケーキ」という、ちょっと変わったかまぼこも混じってたりします。

メニュー

  • ポテトちゃん 63円
  • たこしょうがボール 73円
  • チーズケーキ 90円
  • 野菜揚げ 94円
  • けんちん揚げ 94円
  • ごぼう天 100円
  • オホーツクサーモン揚げ 115円
  • かに風味 120円
  • かまどうふ ハンバーグ揚げ 130円
  • たこ足揚げ 132円
  • えび巻き 150円
  • 豆腐野菜はんぺん揚げ 157円
  • チーズ巻き 162円
  • チーズ入りウインナー 190円
  • いか太郎 216円
  • 帆立揚げ 200円
  • かに爪 220円

価格はすべて税込。

お持ち帰りがメインですが、その場で食べれるように店内にはイス・テーブルが1卓用意されています。

 

お店情報

hokkaido-monbetsu-marusen-kobayashi-outside02

丸仙 小林食品店(小林かまぼこ)

観光パンフレットにも掲載されている老舗のかまぼこ店。

店舗詳細については「丸仙小林!地元食の天ぷらかまぼこ!」でご覧いただけます。

 

チーズケーキ

hokkaido-monbetsu-marusen-kobayashi-fried-food02

揚げ場のメニューには、素材にちなんだ形の遊び心あるかまぼこ達が並んでいます。

サーモンだから鮭の形、帆立だから貝の形、イカだからイカの形。

その中で一際目を引くのは、やっぱりチーズケーキ。

形はケーキっぽくありませんが、遊び心満点のかまぼこです。

どんな味がするのか気になるところですが、なぜ他と同じようにケーキの形にしなかったのかも気になりますね。

 

マップ

グルメ情報・観光スポット・温泉・宿泊・駐車場など、都道府県ごとに地図上でご覧いただけます。

japan
全国マップ

スポンサードリンク

コメントを残す