hokkaido-erimo-muteki-syokudo-erimo-ramen01

北海道えりも町の観光スポット「襟裳岬」にある『むてき食堂』

ミシュランガイド2012にも掲載された「えりもラーメン」が人気のお店。

残念ながら2016年1月に起きた火事で全焼してしまい、現在はもう無くなってしまった。

スポンサードリンク

 

むてき食堂 えりもラーメン

hokkaido-erimo-muteki-syokudo-erimo-ramen02

  • えりもラーメン(つぶ貝・岩のり・昆布・まつも) 850円(税込)

写真は大盛りで+100円。

「ミシュランガイド 2012 特別版」に掲載された「えりもラーメン」。

地元の名産「日高昆布」と鶏ガラを使ったスープは、コクがあって、磯の香りを感じるあっさり塩味。

トッピングのつぶ貝や昆布との相性もいいです。

麺は少し柔らかめに茹でられており、好みもありますが、このラーメンにはいいのかもしれません。

ちなみに「まつも」は海藻で、松の葉に見た目が似ていることから、その名が付いたそうです。

 

むてき食堂 メニュー

hokkaido-erimo-muteki-syokudo-menu01

hokkaido-erimo-muteki-syokudo-menu02

手書きのメニューは、何とも言えないアナログ感。

そのかわり、手書きだからこそできるメモ書きがあって分かりやすいメニューです。

価格はすべて税込。

スポンサードリンク

むてき食堂

hokkaido-erimo-muteki-syokudo-outside

むてき食堂(えりも岬第1レストハウス内)

1945年(昭和20年)創業の食堂。

『むてき食堂』の名前の由来は、「無敵」ではなく「霧笛」。

霧が出た時、船同士がぶつからないようにお互いの存在を知らせる警笛の意味とのこと。

店舗詳細

hokkaido-erimo-muteki-syokudo-inside

  • 2人掛けテーブル 2卓
  • 4人掛けテーブル 6卓
  • 6人掛けテーブル 1卓
  • 小上がり6人用座敷テーブル 1卓

店内の至る所にメニューと、「華々つぼみ」さんというイラストレータの方が書いたキャラクターのポスターでいっぱいです。

各テーブルに備え付けのティッシュ有り。

住所

  • 北海道幌泉郡えりも町えりも岬  えりも岬第1レストハウス
    ほっかいどう ほろいずみぐん えりもちょう

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

北海道すべてのグルメ情報・観光スポット・温泉・宿泊・駐車場の一覧マップ『北海道マップ

TEL

  • 0146-63-1432(渋谷さん個人番号)

営業期間・時間

  • 4月上旬~11月末 7:00~19:00

お店の方の話しでは、4月中旬から11月末までとのこと。

開店時間は、大体8時くらいからが多いそうです。

閉店時間も、日が暮れたら終わりというか、お客さんが引いたら終わりにするとのこと。

早いときは16時過ぎには閉めてしまうこともあるそうです。

定休日

  • 無し 営業期間中無休

ただし、風の強い日(風速20m以上)だと、最大瞬間風速が30mから40mになることがあるので休みにしてしまうそうです。

せっかく来てくれたお客さんの為に営業したい気持ちはあるけれど、窓や物が飛んでいってお客さんに当たったら大変だからだそうです。

駐車場

hokkaido-erimo-muteki-syokudo-parking

  • 共用駐車場(敷地内)有り 約100台 無料

「えりも岬第1レストラン」「襟裳岬」「風の館」の共用駐車場です。

 

むてき食堂?食堂 むてき?

hokkaido-erimo-muteki-syokudo-entrance

『むてき食堂』の暖簾をくぐると、なぜかお土産屋さんに入ります。

そのお土産屋さんの奥に、『むてき食堂』の入口があるというおもしろい造り。

入口には「食堂 むてき」。

株式会社の「前株」か「後株」はシビアに考えられていますが、食堂の「前食堂」「後食堂」って意外とどちらが正解かわからないお店が多かったりします。

2016年1月に火災で焼失してしまった『むてき食堂』(えりも岬第1レストハウス)。

とても残念だ。