【岐阜グルメ】高山 吉田製麺所?絶品の鶏天ぶっかけうどん

公開日: 2016年12月27日
更新日: 2017年12月14日

gifu-takayama-yoshida-seimenjo-toriten-bukkake-udon01

岐阜県高山市にある『手打ちうどん 吉田製麺所?』

うどん県と言われる本場香川のようなコシのあるうどんの中で「鶏天ぶっかけうどん」が人気のお店。

最後の「?」は打ち間違いではなく、それも含めて意味を持った店名です。

スポンサードリンク

そのほか、飛騨高山のグルメや温泉については、こちらを参考にしてほしい。

古い町並みや高山駅周辺のオススメ駐車場・パーキングについては、こちらを参考にしてほしい。

 

鶏天ぶっかけうどん

gifu-takayama-yoshida-seimenjo-toriten-bukkake-udon02

  • 鶏天ぶっかけうどん 750円(税込) (大盛り無料)

写真は大盛りです。

お店でうどんを頂く際は、コシを楽しみたいので一年中冷たいうどんを注文します。

お店の方におすすめを伺ったところ、冷たいうどんなら「鶏天ぶっかけ」、若しくは「海老天ぶっかけ」との事だったので、今回は「鶏天ぶっかけ」を注文してみました。

しかも、無料で通常の「並」から大盛りの「大」へ変更が可能。

迷わず大盛りにしてもらいました。

当店の麺の量

  • 並(約250g) 通常
  • 大(約330g) 無料
  • 400g +100円
  • 後は+100gごとに+100円

店内案内

程なくして着丼、盛られたうどんを見て期待が膨らみます。

香川で食べたような、角の立ったツヤのある麺。

本場に劣らぬほどの強いコシと喉ごしがたまりません。

香川のうどんを食べてから、本州など他県で食べるうどんには少し物足りなさを感じていました。

ただ、ここ『吉田製麺所?』のうどんは香川以外の他県で食べた中で、一番おいしいと感じるうどんです。

まさか高山にこんなうどん屋さんがあるなんて思いませんでした。

 

メニュー

gifu-takayama-yoshida-seimenjo-menu

温かい おうどん

茹であがり後、冷水にて締め、もう一度お湯で温めて食べるうどん。

一番スタンダードな食べ方です。

毎日食べるのならこのうどんです。

適度なコシを保ちつつも、モチモチとしたやわらかい食感が味わえる麺です。

吉田製麺所? HP

冷たい おうどん

20分ほど茹でた麺を冷水にて素早く締めて食べるうどんです。

うどんのコシを味わうならこれをおすすめ致します。

うどんの「コシ」と「ノビ」は相反する。

当店では堅くは無いがコシがある柳コシでノビとツルツル感のある冷やし麺を探求しています。

吉田製麺所? HP

釜揚げ

10~15分ほど茹でた麺を丼にそのまま盛って食べるうどんです。

うどんのもっちりとした食感が楽しめる通好みのうどんです。

シンプルに出汁醤油で頂いたり、人気の釜玉にトッピングしたりと多彩な食べ方を楽しんで下さい。

吉田製麺所? HP

当店の麺の量

  • 並(約250g) 通常
  • 大(約330g) 無料
  • 400g +100円
  • 後は+100gごとに+100円

店内案内

詳しくは「吉田製麺所? HP メニュー」をご覧ください。

価格はすべて税込。

スポンサードリンク

お店情報

gifu-takayama-yoshida-seimenjo-outside

手打ちうどん 吉田製麺所?

店内

gifu-takayama-yoshida-seimenjo-inside

  • カウンター席 5席
  • 2人掛けテーブル 1卓
  • 6人掛けテーブル 2卓
  • 小上がり座敷6人用テーブル 1卓

住所

岐阜県高山市西之一色町3-609-12
ぎふけん たかやまし にしのいっしきまち

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

岐阜県すべてのグルメ情報・観光スポット・温泉・宿泊・駐車場の一覧マップ『岐阜マップ

TEL

  • 0577-35-5510

営業時間

  • 11:00~14:00/18:00~21:00

定休日

  • 日曜の夜営業/月曜日

駐車場

  • 提携駐車場(バロー駐車場)利用 21台 無料

店舗専用駐車場はありませんが、道を挟んだすぐ前のバロー駐車場に駐車可能。

店先&店内の駐車場案内にちゃんと記載してあるので安心して利用できます。

 

「?」の意味

店舗看板やHPの中の店舗角印にも、しっかりと記載された「?」。

気になったのでお店の方に聞いたところ、店主である吉田さんは元々違う仕事をされていたとのこと。

それが今や「うどん屋」としてお店を構えて営業していることで周囲から声が上がった、「あの吉田さんがうどん屋?」の「?」を店名に付けたそうです。

『吉田製麺所』という時は、最後に「?」を付けて疑問形にするのが正式な呼び方ということですね。

 

そのほか、飛騨高山のグルメや温泉については、こちらを参考にしてほしい。

古い町並みや高山駅周辺のオススメ駐車場・パーキングについては、こちらを参考にしてほしい。

スポンサードリンク

コメントを残す