gifu-takayama-shibukinoyu-3rd-tue-buffet01

岐阜県高山市の温泉施設「宇津江(うつえ)四十八滝 しぶきの湯 遊湯館」内にある『食事処 滝』

毎月第3火曜日限定で開催される「バイキングデー」が人気のお店。

入浴無しでも食べることができ、30種類ほどのメニューが楽しめます。

スポンサードリンク

飛騨高山のグルメや観光についてまとめているので、以下も参考にしてほしい。

 

しぶきの湯 遊湯館 ランチバイキング

gifu-takayama-shibukinoyu-3rd-tue-buffet02

  • ランチバイキング 大人(中学生以上) 1,050円(税込)

消費税5%の名残りなのか、今のところ税込でこの料金です。

内容は約30種類ほど。

サラダ、唐揚げ・天ぷらなどの惣菜、ピザにパスタやそば、ごはん・味噌汁・カレー、デザートなどが並んでいます。

内容は毎月少しずつ変更になるとのこと。

開催日のランチとディナーは、ほぼ同じ内容になるそうです。

ドリンクバーやビールなどのアルコールは別料金で注文可能。

量をたくさん食べる者にとって、1,050円でこの内容なら全然アリですね。

料金

gifu-takayama-shibukinoyu-3rd-tue-buffet-menu

館内に入ると目の前に券売機がありますが、入浴などの施設用です。

バイキングの場合は食事処入口に臨時のレジが設置され、精算を済ませてから食事会場へ入るシステムなので、券売機を気にする必要はありません。

ちなみにバイキング利用1人1回につきスタンプがもらえるポイントカード制度もあるようです。

ランチバイキング 11:30~14:00

  • 大人(中学生以上) 1,050円
  • 小学生 550円
  • 幼児 無料

ディナーバイキング 18:00~20:00

  • 大人(中学生以上) 1,150円
  • 小学生 750円
  • 幼児 無料

※価格はすべて税込

バイキングとビュッフェの違い

日本では「食べ放題」と言う意味で両方使われる「バイキング」と「ビュッフェ」。

その違いについては、「同じ意味!?食べ放題で使われるバイキングとビュッフェ!」をご覧ください。

スポンサードリンク

しぶきの湯 遊湯館 食事処 滝

gifu-takayama-shibukinoyu-3rd-tue-buffet-entrance

食事処 滝(宇津江四十八滝 しぶきの湯 遊湯館内)

地域の特産品・新鮮な食材を活かした料理でおもてなし

地域の特産品や新鮮な食材を活かした料理をはじめ、丼物、そば、うどん、ラーメン等麺類もあります。

また、地酒等のアルコール類やジュースをご用意しております。

※バイキング以外の通常営業の場合(アルコール・ドリンクバーはバイキングでも注文可)

宇津江四十八滝 しぶきの湯 遊湯館 HP

店舗詳細

gifu-takayama-shibukinoyu-3rd-tue-buffet-inside

  • 4人掛けテーブル席 6卓
  • 小上がり4人用座敷テーブル 10卓

店内中央の台にバイキングメニューが並べられ、それを取り囲むようにテーブル席、座敷席があります。

住所

  • 岐阜県高山市国府町宇津江964
    ぎふけん たかやまし こくふちょう うつえ

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

岐阜県すべてのグルメ情報・観光スポット・温泉・宿泊・駐車場の一覧マップ『岐阜マップ

TEL

  • 0577-72-5526

※事前予約も可能

営業時間

バイキングデー 毎月第3火曜日(HP内で告知有り)

※入浴無しでも食べれます

  • ランチバイキング 11:30~14:00
  • ディナーバイキング 18:00~20:00

しぶきの湯 遊湯館(入浴)

  • 4月~10月 10:00~21:30(受付21:00まで)
  • 11月~3月 10:00~21:00(受付20:30まで)

定休日

  • 木曜日

※木曜日が祝日の場合は、営業して翌日休み

駐車場

  • 専用駐車場(敷地内)有り 100台以上 無料

 

初回で終わり

地元の方に人気の月一バイキング。

開店(11:30)の30分前にはすでに列ができています。

定額制で食べたいメニューを好きなだけ食べれるのがバイキングの魅力。

バイキング攻略の一つに「1回でたくさん取り過ぎない」なんて事を聞いたことがありますが、地元の方は違います。

初回に時間をかけて大量に取る方がほとんどで、お替わりに行く方がほとんどいません。

そのおかげで交通渋滞のようになってしまい、全然進まなくなります。

一巡してみんなが一通り取り終えると料理の台の周りにはほとんど誰もいなくなるので、少し時間をずらして12時半ごろに食べに行けば待つこともなく、ゆっくり食べることができます。

 

飛騨高山のグルメや観光についてまとめているので、以下も参考にしてほしい。