akado-yaki-face

 北海道遠軽町にある、赤胴鈴之助(あかどう すずのすけ)の焼印でお馴染みの『赤胴焼』

跡継ぎがいないことから、近いうちに食べられなくなってしまうかもしれません。

遠軽町に来たら、ぜひとも寄りたいお店です。

クリスマス商品開発「ソーセージ」の材料に何肉を使うかを決めるため、「和菓子吸っちゃいました」の販売促進が行われる遠軽町までの道中、色んな肉を食べまくる旅を敢行。

白滝グランドホテル』で最近人気上昇中のジビエ料理の定番「鹿肉」を堪能し、まみちゃんが遠軽に来たら、行ってみたかったいうことで訪れたお店です。

出典

HTB 2003年11月11日放送 おにぎりあたためますか #33
『デザート開発 第2夜/ソーセージ開発 第1夜 』

スポンサードリンク

風味絶賛 赤胴焼

akado-yaki-01

赤胴焼

  • つぶあん 1個 100円(焼印有り)
  • クリーム 1個 100円(焼印無し)

焼印は「つぶあん」のみ。

赤胴鈴之助(あかどう すずのすけ)

福井英一と武内つなよしによる漫画で、ラジオドラマ化や映画化、アニメ化もされた。

北辰一刀流千葉周作道場の少年剣士、金野鈴之助の活躍を描く。

父親の形見である赤い胴(防具)を着けることから「赤胴鈴之助」と言われる。

1957年にラジオ東京 (現TBSラジオ)でドラマ化され、公募で選ばれた当時小学生の吉永小百合や藤田弓子が出演した。

後に参議院議員となる当時15歳の山東昭子も語り手として出演している。

wikipedia

生まれる前のキャラクターなので、正直ほとんど知りません。

唯一、「赤い胴(防具)=赤胴鈴之助」だけはかろうじて知ってましたね。

 

お店情報

おやき 赤胴焼

1958年(昭和33年)創業、今年で57年目になる老舗のおやき屋さん。

現在の店主で2代目とのこと。

跡継ぎ問題で、幻のおやきになってしまうかもしれません。

住所

北海道紋別郡遠軽町大通南1丁目2-10
ほっかいどう もんべつぐん えんがるちょう おおどうりみなみ

グーグルマップのアプリがインストールされているスマートフォンでご覧の方は、地図をタップするとアプリが立ち上がり、現在位置と合わせてご覧いただけます。

北海道すべてのグルメ・観光スポット一覧マップ『北海道マップ

TEL

0158-42-2822

営業時間

残念ながら不明

定休日

残念ながら不明

駐車場

専用駐車場 無し

 

お店がちょうど交差点近くの通り沿いなので、店先に止めると迷惑になるのでやめましょう。

と言っても近くにパーキングがないので、どこかの駐車場に止めさせてもらって、サッと買いに行くのが現実的かもしれませんね。

 

頭が割れる!?

akado-yaki-02

大泉さん「母さん、母さん、頭が割れそうに痛い...」

京都和菓子探訪」の時の「かま風呂先生」の時もそうでしたが、食べ物で遊ぶのはやめましょう。

おもしろいんですけどね。

 

[allmap]