【おにぎりグルメ】釜山2日目!グルメ・観光、そしてポンテギ初登場!

公開日: 2015年07月15日

Busan: Station
Busan: Station / photo by Matt_Weibo

首都ソウルに次ぐ、韓国第二の都市である『釜山(プサン)』

地図上で見ると日本にもっとも近い『釜山(プサン)』は、古くは対馬経由で日本との貿易の中心地でした。

観光地としても有名で、『釜山(プサン)』人気観光ランキングでは、「チャガルチ市場」「釜山タワー」「海雲台(ヘウンデ)ビーチがランキング上位ですね。

鈴井貴之第2回監督作品「river」の釜山国際映画祭出展に引っかけてで韓国ロケを敢行したおにぎり班2日目。

Actor大泉洋以外のおにぎり班は朝から韓国入りし、シゲさんの夢だった射撃体験で『海雲台(ヘウンデ)実弾射撃場』を訪れ、夕食にはガイドブックに載っていないという、現地ガイドの長(ジャン)さんのおすすめ『漢方薬膳豚焼肉』を堪能。

Actor大泉洋到着後、さらに夕食を食べて初日が終了しました。

※この頃のおにぎりはまだ、今のようなグルメ番組では無かったので、お店の情報など詳細は番組内では紹介されませんでした。

1ウォン=約0.10795円(2015年7月時点)

出典

HTB 2003年10月21日放送 おにぎりあたためますか #30
『韓国釜山フードファイト 第2夜 』

スポンサードリンク

朝食 アワビのお粥

pusan-gruel-of-abalone

おにぎりで訪れたお店は残念ながら不明。

しかし、釜山(プサン)でアワビのお粥と言えば『済州家(チェジュガ)』が有名ですね。

済州家(チェジュガ)

  • 一人前 10,000ウォン(約1,080円)
  • 「特」一人前 15,000ウォン(約1,619円)

※「特」は通常よりもアワビの量が多め。

 

釜山観光 その1

pusan-un-memorial-park

UN記念公園(韓国語公式HP)

UN記念公園(日本語観光サイト)

UNは、国際連合(United Nations)の略で、世界で唯一の国連墓地がある場所です。

 

釜山観光 その2

pusan-beomeosa

梵魚寺(ポモサ)(韓国語公式HP)

梵魚寺(ポモサ)(日本語観光サイト)

釜山で一番高い山「金井山(キムジョンサン)」あるお寺。

678年に創建された、釜山最古の歴史を持つ禅寺です。

参道沿いのお菓子

pusan-songpyeon

梵魚寺(ポモサ)の参道沿いにあった露店のお菓子。

「ソンピョン(松餅)」と「よもぎのお餅」。

ガイドさん「ヨモギノ オモチネ。4コデ、1,000ウォン(約108円)」

ソンピョン(松餅)とは

うるち米を練った生地に餡を詰め、半月状にしたものを蒸した韓国の伝統的なお菓子。

蒸す時に松の葉を敷くことから「松餅」と言われるようになったようです。

 

昼食 参鶏湯(サムゲタン)

pusan-samgyetang

おにぎりで訪れたお店は残念ながら不明ですが、釜山で参鶏湯(サムゲタン)と言えばこのお店、『東莱参鶏湯(トンネサムゲタン)』が有名ですね。

トンネサムゲタン

創業40年老舗有名店で、地元民で行列のできるお店。

メニュー2種類のみ。

  • 宮中薬鶏湯(クンジュン ヤクゲタン) 1,5000ウォン(約1,619円)
  • 東莱参鶏湯(トンネ サムゲタン) 1,3000ウォン(約1,403円)

参鶏湯(サムゲタン)とは

韓国料理の一つで、鶏肉と高麗人参、鹿茸、ファンギ(牙なおぎ)などの漢方ともち米、くるみ、松の実、ニンニクなどを入れて煮込んだ料理である。

薬膳料理や補身料理(ポシン料理・滋養食)ともされている。

wikipedia

 

釜山大学周辺の屋台で買い食い

pusan-rice-juice

釜山のコンビニリサーチで見つけたお米のジュース。

まみちゃん「おー、これは日本に無い味。」

値段不明。

 

pusan-tteokbokki

屋台で見つけたトッポッキ(トッポギ)。

シゲさん「...辛いよね。」

トッポッキ(トッポギ)とは

朝鮮半島の餅である「トック」を使用した朝鮮料理のひとつである。

餅の煮込み。

朝鮮語の転写は一定しておらず、トッポギとも表記される。

wikipedia

相場価格は、一皿 1,500~2,000ウォン(約162円~216円)

 

pusan-stall

ホットッ(ホットク)とは

韓国では主に冬季、間食系の屋台などで売られている、安価で庶民的な菓子料理である。

一言でいえば、中に甘い餡が入ったホットケーキのようである。

日本の「おやき」に近い。

wikipedia

相場価格は、1個 500ウォン(約54円)

 

ポンデギ先生 襲来!!

pusan-beondegi

ついに登場!!ポンデギ先生。

おにぎりとポンデギのファーストコンタクトは、釜山大学周辺の屋台でした。

ポンテギ(おにぎりではポンデギ)とは

カイコの蛹(さなぎ)を茹で、または蒸して味付けした韓国料理のおつまみ。

朝鮮語で「蛹(さなぎ)」を意味する。

南大門市場など人の多く集まる場所に多い屋台、レストラン、居酒屋で一般的で、缶詰も出回っている。

特有の臭いがあり、慣れない者には食べづらい。

屋台での販売では、鍋の中の蛹を紙コップに入れて販売しているのが一般的で、爪楊枝が付いてくる。

2011年現在、紙コップ1杯で1000ウォン前後である。

wikipedia

韓国ロケ直後のおにぎりでは、定番の罰ゲームとして度々登場しました。

 

マップ

グルメ情報・観光スポット・温泉・宿泊・駐車場など、都道府県ごとに地図上でご覧いただけます。

japan
全国マップ

スポンサードリンク

コメントを残す